長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

記事一覧

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る

美しすぎるバトンパス。成年女子リレー長野3走・按田心選手(信州大)→アンカー樋沙織選手(日本電産サンキョー)3番手から瞬間逆転。堀あかり選手(諏訪二葉高)少年女子3000メートル2位。全日本ジュニアマススタート勝者の勝負勘。長野、総合2年連続天皇杯・皇后杯ダブル受賞――ながの銀嶺国体1月31日

第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会は1月31日、長野市、岡谷市、軽井沢町で最終日が行われた。スピードスケート(シングルトラック)は成年女子リレーで3番手長野が3走・按田心選手(信州大4年)からアンカー樋沙織選手(日本電産サンキョー)へのバトンパスの間に先頭を奪い、2位に0.003秒差で逃げ切って勝利した。少年女子3000メートルは堀あかり選手(諏訪二葉3年)が個人初の国体で2位。0.02秒差まで追い込んだがわずかに及ばなかった。最終日の長野県はスピードスケートで7種目、ショートトラックの3種目の計10種目で優勝し、総合で天皇杯・皇后杯を2年連続ダブルで受賞した。

さらに見る

島田隆平選手(東洋大、佐久長聖出)初出場6位。成年男子1500メートル決勝スタートダッシュ先取ポイント。遅咲き5000も決勝進出、長野県に大貢献。土屋陸選手(日本電産サンキョー)3位。少年女子1500メートル小山香月選手(長野東高)2位、藤森優衣選手(東海大諏訪高)4位でポイント2倍、計4回。少年男子1500メートル林莉輝選手(佐久長聖高)3位、高見澤光希選手(小海高)4位。成年女子1500メートル樋沙織選手(日本電産サンキョー)2位――ながの銀嶺国体1月30日スピードスケート

第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会は1月30日、長野市、岡谷市、軽井沢町で3日目が行われた。スピードスケート(シングルトラック)は初出場の島田隆平選手(東洋大3年、佐久長聖高出)が成年男子1500メートルで6位入賞。長野県に貴重な3点をもたらした。5000メートルも予選を組トップ通過で最終日の決勝進出を決めている。軽井沢中後輩の土屋陸選手(日本電産サンキョー)は3位。少年女子1500メートルは小山香月選手(長野東高1年)が後半ポイントを取りに出て2位、前半勝負に出た藤森優衣選手(東海大諏訪高2年)が4位だった。少年男子1500メートルは外から出た林莉輝選手(佐久長聖高3年)が先頭を狙ったが責任先頭を完了できず3位。内を突いた高見澤光希選手(小海高2年)は4位。成年女子1500メートルは樋沙織選手(日本電産サンキョー)が2位だった。

さらに見る

按田心選手(信州大)4位。遅咲き決勝A「同じスタートラインに立てて素直に喜びたい」。原田佳祐選手(諏訪二葉高)少年男子1万メートル序盤残り20周責任先頭完了優位生かせず3位。原泰選手(小海高)7位。成年男子500メートル決勝A山中大地選手(電算)中村健斗選手(日本電産サンキョー)ワンツー。少年女子500メートル決勝B松本芽依選手(伊那西高)上條夏歩選手(松本蟻ヶ崎高)1、2着で5、6位――ながの銀嶺国体1月29日スピードスケート

第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会は1月29日、長野市、岡谷市、軽井沢町で3日目が行われた。エムウェーブのスピードスケート(シングルトラック)は成年女子500メートルで按田心選手(信州大4年)が初めて決勝で、それも上位4人のAでスタートした。結果は4位だったが現役引退を決めている今大会で最高の舞台に立った。教育学部生で4月から中学教員として郷里・北海道でスケート指導者の道を歩み始める。少年男子1万メートルは原田佳祐選手(諏訪二葉高3年)が責任先頭早々と完了したが、その後は先頭グループに付ききれず3 位にとどまった。原泰選手(小海高1年)は7位だった。成年男子500メートル決勝Aは山中大地選手(電算)と中村健斗選手(日本電産サンキョー)がワンツー。少年女子500メートル決勝Bは松本芽依選手(伊那西高3年)と上條夏歩選手(松本蟻ヶ崎高2年)が1、2着。5位と6位は確保した。

さらに見る

長島ちなみ選手(長野清泉女学院高)3レース目最下位脱出。国体予選少年女子5キロクラシカルでタイム差大幅2分短縮。祖父江凛選手(飯山高)今シリーズ個人2勝。笠原陸選手(中野立志館高)少年男子ディスタンス負けなし3勝。成年男子B服部力、服部広兄弟(松本自衛隊)純クロカン復帰2シーズン目の奮戦――長野県スキー大会週間1月20日

第39回長野県スキー大会週間は1月20日、白馬村と木島平村で競技の5日目が行われた。木島平クロスカントリーコースの国体長野県予選会は少年女子5キロクラシカルで長島ちなみ選手(長野清泉女学院高1年)が28位。県高校総体のクラシカルとフリーはいずれも最下位で初日のクラシカルは同じ5キロでトップと6分8秒4の大差がついたが、これを4分3秒5差まで縮めてきた。山ノ内中で果たせなかった全国出場を学校出場枠の関係ながらインターハイで実現の運びとなっている。優勝は2位に5秒1差で祖父江凛選手(飯山高1年)が今シリーズ県選手権スプリントに続いて個人2勝を挙げた。成年男子B10キロクラシカルはバイアスロンから射撃抜きの純クロカンに戻って2シーズン目、松本自衛隊の服部力選手、服部広選手兄弟が今回も出場した。少年男子A10キロクラシカルは笠原陸選手(中野立志館高3年)が高校2冠と合わせディスタンス種目無敗の個人3勝とした。

さらに見る

大屋ジェシカ選手(御代田)女子GSで2種目県中5位。全中SLチャンピオン宮澤莉央選手(浅間)2冠。男子アルペン高瀬躍進。薄井理央選手、北澤準也選手そろって2種目全中へ。今井勢弥選手(川上)2冠――長野県スキー大会週間1月18日

第39回長野県スキー大会週間は1月18日、白馬村と木島平村で競技の3日目が行われた。白馬八方尾根スキー場の県中学総体アルペン女子大回転は大屋ジェシカ選手(御代田3年)が初日の回転に続き5位。前週の不振から一気にばん回して2種目の全国中学出場を決めた。昨シーズン全国中学回転チャンピオンの宮澤莉央選手(浅間3年)が県2冠をとった。男子大回転はともに高瀬3年の薄井理央選手と北澤準也選手が2位と5位。今季急成長の今井勢弥選手(川上2年)が2冠を達成した。

さらに見る

女子・臼田、後半13点差はねかえし逆転2連覇フリースロー決着。男子・伊那東部、1戦ごと集中力高めて県初頂点――長野県中学新人バスケットボール1月15日決勝トーナメント

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月15日、伊那中学校で最終日が行われた。女子決勝は臼田が伊那東部に前半15-28とリードされたが3Qから巻き返し4Q残り4分半に追いついた。延長突入もありえた終盤、獲得したフリースローを着実に決めて52-48で制し、2年連続3回目の優勝を決めた。男子決勝はともに初優勝を目指す三陽と伊那東部で争われ前半は35-35の同点。4Qの残り5分ごろから伊那東部が徐々に引き離し67-56でタイムアップを迎えた。新人戦の伊那東部は上伊那2位で南信地区大会も決勝で敗れて2位。今大会は予選リーグの初戦で敗れ、1勝1敗で3校が並んだBリーグをゴールアベレージの2位通過で決勝トーナメントに上がってきた。1戦ごとに集中力を高め、県の頂点をつかんだ。

さらに見る

男子・高山準々決勝残り13.5秒相手スローインを逆転勝利、小林龍主将3点弾57-55劇的決着。飯田東善戦及ばず。男子・三陽、布川貴士選手菅野シューター封じ形勢逆転70-48ベスト4――長野県中学新人バスケットボール1月14日決勝トーナメント

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月14日、赤穂中学校と伊那中学校で決勝トーナメント1回戦と準々決勝が行われた。男子は高山と飯田東の準々決勝が2Q以降大接戦となり、4Q残り1分12秒に5点差とされた高山が残り55秒にフォワード松隈立樹選手(2年)のゴール、さらにセンター呉羽大樹選手(2年)の連続ゴールで13.5秒を残して1点差に迫った。飯田東ボールのスローインがミスとなって残り10.3秒からの攻撃で呉羽選手が背中で張ったスクリーンの外からガード小林龍主将(2年)が逆転スリーポイントを決め、57-55で劇的勝利を収めて県大会初出場でベスト4進出を果たした。三陽は菅野との3点差を追って2Qにフォワード布川貴士選手(2年)の速攻、ガード本藤生蕗選手(1年)の3点シュートなどで逆に10点リードとし、後半も着実に得点を重ねて70-48でベスト4進出を決めた。

さらに見る

辰野、存在感増す秘めた可能性。最終到達目標女子団体インターハイ、男子団体北信越総体へチャレンジの冬――1月14日から全国高校柔道選手権長野県大会

第39回全国高校柔道選手権長野県大会は1月14日から小諸市武道館で行われる。団体は男子が5人の勝ち抜き試合、女子は3人の体重別点取り試合。辰野は男子が1人足りない中量級の4人で臨む。女子は48kg級の小池明莉選手から52kg級の吉澤綾選手、無差別級の峯坂麗美選手、山田梨乃選手まで全員1年生ながらバランス良く4人をそろえる陣容で11月の県新人戦は2位だった。2年生主体の男子は最終目標を今年の夏に置き、北信越出場を目指す。全員1年生の女子は来年夏、インターハイ出場を狙っている。

さらに見る

女子・中込2戦目ロースコア37点決勝トーナメント進出拾う。女子・篠ノ井西2戦目、前半2点リード3Q力尽く――長野県中学新人バスケットボール1月8日予選リーグ

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月8日、伊那中学校体育館などで初日の予選リーグが行われた。女子Oリーグは中込(東信3位)と松島(中信2位)が1敗同士で決勝トーナメントへ最後の椅子を争った。1Qに中込が18-5でリードしたあと試合が一気にペースダウンして2Qは双方合わせてわずかに4ゴール。37-19のロースコアで中込が生き残った。女子Kリーグは1敗の篠ノ井西(北信3位)が1勝の伊那(南信2位)に背水の陣で勝負を挑み2点リードでハーフタイムを迎えたが、後半は相手のボックスアウトに有効な手立てを欠き54-78で予選リーグ敗退となった。決勝トーナメントは14日と15日に行われる。

さらに見る