長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

[ここまで555字/記事全文4052字]

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

記事一覧

53kg級腰原大雅選手(松商学園)56kg級三野勝也選手(松商学園)清水中バスケ部同期、基準記録ぎりぎりインターハイ決める。56kg級白澤成世選手(松商学園)男泣き寸前。ジャーク2回目悲願達成――長野県高校総体ウエイトリフティング5月21日

平成29年度長野県高校総体ウエイトリフティングは5月21日、松商学園高校総合トレーニングセンターで行われた。53kg級の腰原大雅選手(松商学園2年)はスナッチ61kgを2回失敗したが、クリーン&ジャーク3回成功の自己ベスト77kgでトータル135kgとし、絶望のふちからインターハイ基準記録に乗せた。56kg級の三野勝也選手(松商学園2年)も66kgで臨んだスナッチ2回目で61kgに失敗して追い込まれたがジャーク3回で伸ばしてトータル145kgとし、ぎりぎりのインターハイ基準記録。ともに清水中バスケットボール部出身の二人がそろって全国出場を決めた。56kg級の白澤成世選手(松商学園3年)はトータル148kgで悲願の初インターハイを決めた。69kg級は末継悠河選手(松商学園3年)が基準記録を30kg上回るトータル200kg、85kg級で全国高校選抜7位の原圭史郎選手(松商学園3年)が基準記録を49kg上回るトータル234kgを挙げた。105kg級で全国高校選抜6位の太田至選手(松商学園3年)はスナッチで3回失敗して記録なしだったがジャークで奮起して145kgの県高校新。太田選手の失敗はあったが松商学園は計9人、創部以来初めてインターハイ学校出場枠いっぱいの基準記録突破者を生んだ。

[ここまで546字/記事全文3864字]

さらに見る

宮下輝一選手(上田染谷丘)3000メートル障害4番手粘ってちぎれず。水濠落ちるも3着。西野入萌利選手(上田)女子800メートル、ラスト競り勝ち東信初優勝――東信高校総体陸上5月13日

平成29年度東信高校総体陸上は5月13日、2日目が行われた。男子3000メートル障害は宮下輝一選手(上田染谷丘3年)が3月の春の高校伊那駅伝で活躍した長谷川潤選手(上田西3年)、山本嵐選手(佐久長聖3年)に続き、秒差の9分34秒48の自己ベストで3着。中盤まで4番手にいたが、離されそうで離れない粘りを見せた。女子800メートルは西野入萌利選手(上田3年)が2番手から揺さぶりを掛けてレースを主導し、ラストスパートで競り勝ち自己ベストの2分24秒43で東信初優勝を果たした。

[ここまで237字/記事全文5092字]

さらに見る

寺澤舞歩選手(長野商)女子走り幅跳び5m00で3位、無印からの大台。宮沢康平選手(更級農)男子ハンマー投げ順調インターハイペース。坂本敦士選手(屋代)けがとの闘い、男子やり投げシーズンセカンドベスト――北信高校総体陸上5月12日

平成29年度北信高校総体陸上は5月12日、長野市営陸上競技場で初日が行われた。女子走り幅跳びは寺澤舞歩選手(長野商2年)が2回目に5m00でベスト8にトップで進出した。4回目以降は記録を伸ばせず堀田莉紗選手(市立長野3年)、常田麻奈選手(長野日大2年)に抜かれ3位だったが種目2シーズン目で初めて5mの大台に乗せた。男子ハンマー投げは宮沢康平選手(更級農3年)が優勝。52m45の自己ベストがあるが2投目の49m76にとどまった。昨年は円盤投げで県7位。新人戦からハンマー投げのエースとして北信トップを行き、インターハイ進出が有望になっている。男子やり投げは坂本敦士選手(屋代3年)が3投目の55m37で優勝した。

[ここまで307字/記事全文4957字]

さらに見る

池上桃花選手決勝フェンス越え2本塁打、3打数3安打5打点。伊那東部中、決勝全員安打3回コールド15-0――長野県中学生春季ソフトボール5月7日

第27回長野県中学生春季ソフトボール大会は5月7日、長野市若穂中央公園グラウンドで最終日が行われた。決勝は伊那東部中と若穂ソフトボールクラブが対戦。伊那東部は準決勝で秋の新人戦を制した篠ノ井西中にコールド勝ちで上がり、若穂クラブも長野選抜のメンバーを中心に少人数校の選手を束ねたTEAM NAGANOをコールドで下し決勝に上がってきた。初回、伊那東部は1死から四球で出た出澤優南選手(3年)が積極的な走塁で三盗を試み悪送球となる間に先制点を挙げた。2回はヒット4本を集中して4点を追加。3回、1死一塁で7番・池上桃花選手(2年)がライトへフェンスオーバーの2点本塁打を飛ばして2点を加えた。打者一巡ののち2死一、二塁、池上桃花選手の左打席のフルスイングでまたも打球は右中間フェンスを越えた。この回10点で15-0に開き、全員安打の計14安打、3回コールドサヨナラ勝利となった。3位決定戦は篠ノ井西が5-3で勝利した。

[ここまで408字/記事全文5272字]

さらに見る

宮澤希選手(伊那北高)女子100mハードル向かい風切り裂き大会新15秒12。小山竜司選手(東海大諏訪高)三段跳び初14m台2位。小林由依選手(原中)棒高跳び県中学タイ3m10――長野県陸上競技伊那大会5月3日

第70回長野県陸上競技伊那大会は5月3日、伊那市陸上競技場で行われた。女子100メートルハードルは今季ベスト14秒83の宮澤希選手(伊那北高3年)が向かい風2.1mの中、安定した力で大会新の15秒12をマーク。100メートルとあわせて2種目を制した。男子三段跳びは小山竜司選手(東海大諏訪高3年)が初めて14メートル台に乗せた。追い風が強まる中2回目の14m11が公認記録となり、社会人1年目の櫻井大幹選手(上伊那郡陸協)に次いで2位。中学女子棒高跳びは小林由依選手(原3年)が3m10で県中学タイ。鎌倉杏選手(原3年)が大会新の3m00で続いた。

[ここまで274字/記事全文4289字]

さらに見る

大和電機工業シーズンスタート。第1節連敗も第2節4連戦で巻き返しを――日本女子ソフトボールリーグ2部

日本女子ソフトボールリーグ2部は第1節2連戦を終え、大和電機工業(下諏訪町)は連敗のスタートとなった。5月下旬には第2節の4連戦があり、ここが前半戦の天王山となる。前半戦の負け数を2でとどめたい大和は巻き返しを期す。第1節は初戦が逆転負けを喫し、2戦目は11回タイブレーカーにもつれ込む接戦だったがものにすることができなかった。内容は悪くなく、流れを変える1勝が求められる。

[ここまで187字/記事全文2933字]

さらに見る

Bチーム獅子奮迅8位、Aチーム快勝。男子・戸倉上山田ダントツ総合力。女子トラック勝負。富士見A逆転勝利――中信中学新人駅伝・長野県ジュニア新人駅伝2月25日

第8回中信地区中学新人駅伝大会は2月25日、松本平広域公園陸上競技場周回コースで長野県ジュニア新人駅伝を兼ねて行われた。男子は4区間11.1キロ、女子は3区間7.1キロで、秋の県中学駅伝よりもかなりコンパクト版。男子は戸倉上山田Aが1区・小板橋恭征選手(2年)が6秒リードで抜け出し、先頭を最後までキープし、34分59秒でゴール。2位箕輪Aに1分09秒差で快勝したが、秋はさらにレギュラー2人が必要。この候補となる選手で組んだBチームが2、3区で順位を上げ、大健闘の8位でフィニッシュし、目指す6年ぶりの全中駅伝へ明るい陽射しがさし込んだ。女子は終盤までもつれる大接戦となった。富士見Aはアンカー川口ののは選手(1年)が6秒差をトラック勝負の最後の直線で逆転して初優勝を果たした。

[ここまで340字/記事全文3084字]

さらに見る

佐藤虹選手(木島平)6年男子3キロクラシカル前人未踏(ぜんじんみとう)学年別6連覇達成。リレーも木島平。アンカー佐藤虹選手逆転で3年ぶり勝利――長野県小学生クロスカントリースキー選手権2月19日

第35回長野県小学生クロスカントリースキー選手権大会は2月19日、飯山市長峰スポーツ公園で行われた。競技は個人が学年別、リレーは男女混合ですべてクラシカル。6年男子3キロは昨年まで学年別で5連覇の佐藤虹選手(木島平)が優勝し、第34回の昨年まで誰も果たしたことのない6連覇を達成した。リレーは木島平が先行する山ノ内東をアンカーの佐藤虹選手が逆転して3年ぶりにチャンピオンに返り咲いた。

[ここまで192字/記事全文5196字]

さらに見る

長野、成年男子リレー小林比呂選手(日本大、飯山出)1走トップ、フィニッシュ5位。少年男子リレー4位、少年女子リレー3位――ながの銀嶺国体スキー2月17日

第72回国民体育大会冬季大会スキー競技会は2月17日、白馬村で最終日が行われた。クロスカントリーのリレー(すべてフリー走法)で長野は成年男子が5位、少年男子は4位、女子は3位だった。成年男子は1走・小林比呂選手(日本大2年、飯山高出)が2番手に7.7のトップで健闘し、2走本間有次選手(立命館大2年、中野立志館高出)に渡すなど前半はトップグループでレースを進めた。少年男子は1走・湯本幸耶選手(山ノ内中3年)が15.1秒差のトップで渡したが、アンカー笠原陸選手(中野立志館高3年)でストックが折れるアクシデントがあり4位にとどまった。女子は1走・内田夢加選手(中野立志館高3年)の転倒で大きく遅れ、2走から巻き返したが及ばず3位だった。

[ここまで318字/記事全文2295字]

さらに見る

浦野裕之選手(戸狩小教)成年男子C5キロクラシカル初入賞4位、子供たちにもらった力。小林千佳選手(飯山高)少年女子5キロクラシカル大差26.8秒差勝利――ながの銀嶺国体スキー2月16日

第72回国民体育大会冬季大会スキー競技会は2月16日、白馬村で2日目が行われた。クロスカントリーは成年男子C10キロクラシカルで浦野裕之選手(戸狩小教)が自己最高の4位入賞を果たした。大山勝広選手(中野土建)が5位で続いた。少年女子5キロクラシカルは小林千佳選手(飯山高3年)が2位に26.8秒差で勝利した。祖父江凛選手(飯山高1年)が4位、内田夢加選手(中野立志館3年)は7位だった。成年女子A5キロクラシカルは渡辺愛珠選手(同志社大1年、飯山北高出)が8位入賞を果たした。

[ここまで238字/記事全文2401字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社

  • ロフトコスメフェスティバル

    ロフトネットストア

  • ロフトnanacoポイントプレゼントキャンペーン

    ロフトネットストア

  • ロフト新作ランチグッズ

    ロフトネットストア


GoTo 日本女子 1部
#7 三塁手

清水 梓未

大和電機工業

強打を持ち味とし、昨年は主に代打として出場。数字としては納得いくものではなかったが成長を続ける面白い存在に。サード...

さらにみる