長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

[ここまで555字/記事全文4052字]

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

ウエイトリフティング

北信越高校総体ウエイトリフティング(学校対抗得点追加)

53kg級腰原大雅選手(松商学園)56kg級三野勝也選手(松商学園)清水中バスケ部同期、基準記録ぎりぎりインターハイ決める。56kg級白澤成世選手(松商学園)男泣き寸前。ジャーク2回目悲願達成――長野県高校総体ウエイトリフティング5月21日

平成29年度長野県高校総体ウエイトリフティングは5月21日、松商学園高校総合トレーニングセンターで行われた。53kg級の腰原大雅選手(松商学園2年)はスナッチ61kgを2回失敗したが、クリーン&ジャーク3回成功の自己ベスト77kgでトータル135kgとし、絶望のふちからインターハイ基準記録に乗せた。56kg級の三野勝也選手(松商学園2年)も66kgで臨んだスナッチ2回目で61kgに失敗して追い込まれたがジャーク3回で伸ばしてトータル145kgとし、ぎりぎりのインターハイ基準記録。ともに清水中バスケットボール部出身の二人がそろって全国出場を決めた。56kg級の白澤成世選手(松商学園3年)はトータル148kgで悲願の初インターハイを決めた。69kg級は末継悠河選手(松商学園3年)が基準記録を30kg上回るトータル200kg、85kg級で全国高校選抜7位の原圭史郎選手(松商学園3年)が基準記録を49kg上回るトータル234kgを挙げた。105kg級で全国高校選抜6位の太田至選手(松商学園3年)はスナッチで3回失敗して記録なしだったがジャークで奮起して145kgの県高校新。太田選手の失敗はあったが松商学園は計9人、創部以来初めてインターハイ学校出場枠いっぱいの基準記録突破者を生んだ。

[ここまで546字/記事全文3865字]

さらに見る

長野県高校総体ウエイトリフティング

北信越高校総体ウエイトリフティング

松商学園、過去最大陣容のインターハイへ85㎏級二木真碧選手(2年)7人目の男。女子は加藤優美選手(3年)全国高校女子トライ――6月19日から北信越高校総体ウエイトリフティング

北信越高校総体ウエイトリフティングは6月19日から富山県滑川市で行われる。松商学園は県総体で85㎏級の二木真碧選手(2年)がトータル182㎏。あと3㎏で逃したインターハイ基準記録突破へラストチャンスに臨む。同階級は1年生のアルペンスキー選手、原圭史郎選手もトータル142㎏で北信越をつかみ取った。女子は48㎏級の加藤優美選手(3年)が有力。県総体はトータル72㎏だったが、その後のトレーニングで全国高校女子基準にあと3キロに迫っている。松商学園は3月の全国高校選抜優勝の小松幸佑選手(3年)を始め、すでに6選手が県総体で基準記録を突破して男子は過去最多の昨年に並んでいる。

[ここまで286字/記事全文3121字]

さらに見る

長野県高校総体ウエイトリフティング

男子94㎏級河西勇介選手(松商学園高)トータル県高校新。ベスト8㎏更新――長野県ウエイトリフティング春季選手権4月19日

平成27年度長野県ウエイトリフティング春季選手権大会は4月19日、松商学園高校ウエイトトレーニング場で行われた。3月下旬の全国高校選抜で長野県初の快挙を立て続けに起こした松商学園勢がここでも主役。全国選抜105㎏級4位入賞の河西勇介選手(松商学園高3年)は94㎏級で登場し、スナッチ105㎏、ジャーク134㎏でそれぞれ自己ベストを更新。トータル239㎏の県高校新記録を達成した。全国選抜優勝で凱旋試合となった85㎏級小松幸佑選手(松商学園高3年)はジャークで自己ベストを1㎏更新してトータル242㎏。女子は諏訪西中の昨年、全国中学生選手権優勝の佐藤紫選手(岡谷工高1年)が75㎏超級でスナッチ27キロ、ジャーク36㎏、トータル63㎏の自己ベストだった。

[ここまで326字/記事全文2468字]

さらに見る

長野県ウエイトリフティング春季選手権

松本大ウエイトリフティング部元主将・中野純平さん、青年海外協力隊合格。パラグアイナショナルチームコーチへ。世界大会目指し選手育成

ウエイトリフティング選手として松商学園高と松本大で活躍した中野純平さん(23)が青年海外協力隊の選考に合格した。職種は重量挙げの指導者。7~9月、約3カ月間の訓練を経て南米パラグアイに2年間派遣される。現地では同国ナショナルチームのコーチとして活動する。中野選手は昨年松本大を卒業。大学関係者の話として、同大の卒業生の進路としては非常に珍しいという。青年海外協力隊は国際協力機構(JICA)が実施する海外ボランティア派遣事業。隊員は専門的な技術や知識、経験を開発途上国の人々のために生かす。昨年度秋募集は8分野110職種へ1096人の要請数に対して1399人が応募。2次選考に497人が合格している。

[ここまで300字/記事全文2755字]

さらに見る

松商学園ウエイトリフティング空前の快進撃。長野県初優勝85kg級小松幸佑選手、105kg級4位河西勇介選手、56kg級8位河尻隆之介選手、夏さらなる躍進へ新年度スタート――全国高校選抜ウエイトリフティング

3月29日まで、金沢市で行われた第30回全国高校ウエイトリフティング競技選抜大会で松商学園は85kg級の小松幸佑選手(2年)が長野県史上初の優勝を成し遂げた。松商は空前の3人を送り込み、105kg級の河西勇介選手(2年)が4位入賞、56kg級の河尻隆之介選手(2年)も8位の好成績を挙げた。ウエイトリフティングで見せた快進撃を金井洋貴監督、小松選手、河西選手、河尻選手に聞いた。(すべて旧学年)

[ここまで197字/記事全文2787字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフト岩合光昭のねこグッズ

    ロフトネットストア

  • ロフト岩合光昭のねこグッズ2

    ロフトネットストア

  • ロフトコスメフェスティバル

    ロフトネットストア


GoTo 日本女子 1部
#5 二塁手

上原 涼花

大和電機工業

昨年途中から急成長。セカンドのレギュラーを獲り良い仕事をした。基礎練習を重ね守備に抜群の安定感が出てきた。攻撃は強...

さらにみる