カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

ウエイトリフティング

長野県選抜ウエイトリフティング選手権

長野県秋季ウエイトリフティング選手権

国体ウエイトリフティング長野県予選

北信越高校総体ウエイトリフティング(学校対抗得点追加)

53kg級腰原大雅選手(松商学園)56kg級三野勝也選手(松商学園)清水中バスケ部同期、基準記録ぎりぎりインターハイ決める。56kg級白澤成世選手(松商学園)男泣き寸前。ジャーク2回目悲願達成――長野県高校総体ウエイトリフティング5月21日

平成29年度長野県高校総体ウエイトリフティングは5月21日、松商学園高校総合トレーニングセンターで行われた。53kg級の腰原大雅選手(松商学園2年)はスナッチ61kgを2回失敗したが、クリーン&ジャーク3回成功の自己ベスト77kgでトータル135kgとし、絶望のふちからインターハイ基準記録に乗せた。56kg級の三野勝也選手(松商学園2年)も66kgで臨んだスナッチ2回目で61kgに失敗して追い込まれたがジャーク3回で伸ばしてトータル145kgとし、ぎりぎりのインターハイ基準記録。ともに清水中バスケットボール部出身の二人がそろって全国出場を決めた。56kg級の白澤成世選手(松商学園3年)はトータル148kgで悲願の初インターハイを決めた。69kg級は末継悠河選手(松商学園3年)が基準記録を30kg上回るトータル200kg、85kg級で全国高校選抜7位の原圭史郎選手(松商学園3年)が基準記録を49kg上回るトータル234kgを挙げた。105kg級で全国高校選抜6位の太田至選手(松商学園3年)はスナッチで3回失敗して記録なしだったがジャークで奮起して145kgの県高校新。太田選手の失敗はあったが松商学園は計9人、創部以来初めてインターハイ学校出場枠いっぱいの基準記録突破者を生んだ。

[ここまで546字/記事全文3865字]

さらに見る

長野県高校総体ウエイトリフティング

北信越高校総体ウエイトリフティング

松商学園、過去最大陣容のインターハイへ85㎏級二木真碧選手(2年)7人目の男。女子は加藤優美選手(3年)全国高校女子トライ――6月19日から北信越高校総体ウエイトリフティング

北信越高校総体ウエイトリフティングは6月19日から富山県滑川市で行われる。松商学園は県総体で85㎏級の二木真碧選手(2年)がトータル182㎏。あと3㎏で逃したインターハイ基準記録突破へラストチャンスに臨む。同階級は1年生のアルペンスキー選手、原圭史郎選手もトータル142㎏で北信越をつかみ取った。女子は48㎏級の加藤優美選手(3年)が有力。県総体はトータル72㎏だったが、その後のトレーニングで全国高校女子基準にあと3キロに迫っている。松商学園は3月の全国高校選抜優勝の小松幸佑選手(3年)を始め、すでに6選手が県総体で基準記録を突破して男子は過去最多の昨年に並んでいる。

[ここまで286字/記事全文3121字]

さらに見る

長野県高校総体ウエイトリフティング

男子94㎏級河西勇介選手(松商学園高)トータル県高校新。ベスト8㎏更新――長野県ウエイトリフティング春季選手権4月19日

平成27年度長野県ウエイトリフティング春季選手権大会は4月19日、松商学園高校ウエイトトレーニング場で行われた。3月下旬の全国高校選抜で長野県初の快挙を立て続けに起こした松商学園勢がここでも主役。全国選抜105㎏級4位入賞の河西勇介選手(松商学園高3年)は94㎏級で登場し、スナッチ105㎏、ジャーク134㎏でそれぞれ自己ベストを更新。トータル239㎏の県高校新記録を達成した。全国選抜優勝で凱旋試合となった85㎏級小松幸佑選手(松商学園高3年)はジャークで自己ベストを1㎏更新してトータル242㎏。女子は諏訪西中の昨年、全国中学生選手権優勝の佐藤紫選手(岡谷工高1年)が75㎏超級でスナッチ27キロ、ジャーク36㎏、トータル63㎏の自己ベストだった。

[ここまで326字/記事全文2468字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社