長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

アーチェリー

篠ノ井、女子団体3年ぶりインターハイ決定。男子団体は上田染谷丘――長野県高校総体アーチェリー5月24日

平成27年度長野県高校総体アーチェリーは5月24日、飯綱町霊仙寺湖総合グラウンドで行われ、インターハイと北信越の長野県代表が決定した。各校上位3選手の合計得点で争う団体戦は女子が前半の6回を終え篠ノ井と上田東が677点で並ぶ大接戦。後半引き離した篠ノ井が合計1372点で3年ぶりのインターハイを決めた。男子団体は合計1620点の上田染谷丘が代表の座をつかんだ。個人は男子が580点で村山豊紀選手(上田東3年)、女子は508点で小林渚彩選手(上田染谷丘3年)が制した。競技は70mダブルラウンドで行われた。

さらに見る

長野県高校総体アーチェリー

上田東、上田西のチームワークで臨む少年男子――10月13日から、長崎国体アーチェリー

長崎国体アーチェリーは10月13日から長崎県佐世保市で行われる。長野の少年男子は宮島健人選手(上田東高3年)、金子健紀選手(同)、轟光選手(上田西高3年)の3人と、予備登録に坪井準選手(上田東高3年)を加えた陣容で臨む。北信越から1枠の座を射止め、山口国体以来3年ぶりの本国体。入賞の8位を狙っていく。

さらに見る

金子健紀選手(上田東)、今井愛美選手(上田西)が全国高校選抜へ――長野県高校新人アーチェリー

長野県高校新人アーチェリーは10月20日、木島平三本松サッカー場で行われた。FITAシングルラウンド種目(144射)は男女ともインターハイ出場選手が優勝した。90、70、50、30メートルの男子は金子健紀選手(上田東2年)が1168点で初優勝。70、60、50、30メートル女子は今井愛美選手(上田西2年)が1142点で2連覇。ともに来年3月の全国高校選抜出場を決めた。

さらに見る

長野県高校新人アーチェリー

信州大、連続出場記録の始まりに――6月22日から、全日本学生アーチェリー男子王座決定戦

全日本学生アーチェリー男子王座決定戦は6月22、23日の両日、静岡県掛川市で行われ、団体戦の大学日本一を決める。信州大は4月中旬、過酷な環境の下で実施された北信越学生アーチェリー対抗戦で耐えて優勝。4年ぶりの出場を果たす。大学の名を背負って立ち、今後につながる結果を目指す。

さらに見る

上田西、団体王座奪回へのアプローチ――5月26日、県高校総体アーチェリー

県高校総体アーチェリーは5月26日、飯綱町ふれあいパーク運動場で行われる。上田西が団体、個人で全国を狙う。創部以来インターハイ団体で3回予選ラウンドを突破するなど、県高校アーチェリーの機関車的存在の時期があったが、2008年を最後に全国大会から遠ざかっていた。

さらに見る

1