長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

[ここまで555字/記事全文4052字]

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

フェンシング

長野県高校総体フェンシング

長野県少年フェンシング大会

長野県高校新人フェンシング

長野県高校新人フェンシング

長野県高校総体フェンシング

長野県少年フェンシング大会

女子混戦。3勝1敗同士、福島亜澄選手(箕輪進修)突数・被突数差トップ。男子は平松海成選手(箕輪進修)5勝1敗2位――国体フェンシング長野県1次予選(少年)5月10日

第70回国体フェンシング競技長野県予選会(少年1次)は5月10日、箕輪町町民体育館で行われた。プールは5本先取。5人出場の少年女子フルーレは1回戦が決勝プールとなり、塩澤歩花選手(箕輪進修高1年)と福島亜澄選手(箕輪進修高1年)が3勝1敗で並んだ。試合中盤の直接対戦は塩澤選手が2本差で逆転勝ちしたが、総突数と被突数では福島選手が4本上回り、順位による獲得ポイント5のトップで6月の2次予選に進んだ。13人出場の男子は2回戦決勝プールで平松海成選手(箕輪進修高2年)が5勝1敗の2位。獲得ポイント3で2次予選に駒を進めた。予選会は箕輪町出身で3月のアジアジュニア選手権フルーレ優勝の西藤俊哉選手(JOCエリートアカデミー、東京・帝京高3年)が出場。平松選手は7人の決勝プールで6戦全勝・総被突数5本の西藤選手から2本取った。

[ここまで362字/記事全文2247字]

さらに見る

国体フェンシング長野県予選会(少年1次)

長野県フェンシング選手権

長野県フェンシング選手権

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフト岩合光昭のねこグッズ

    ロフトネットストア

  • ロフト岩合光昭のねこグッズ2

    ロフトネットストア

  • ロフトコスメフェスティバル

    ロフトネットストア


GoTo 日本女子 1部

大和電機工業、開幕連敗取り返す。鬼門第2節3勝1敗で前半戦イーブン――日本女子ソフトボールリーグ2部第2節

 

日本女子ソフトボールリーグ第2節は5月28日まで愛知県大口町で2部愛知大会が行われ、大和電機工業は初戦のDream Citrine戦で今季リーグ初勝利を挙げた。1年目の大串都未希投手が4安打で完投した。2戦目の大垣ミナモSC戦は最終回に逆転され惜敗したが、ペヤング戦、平林金属戦は打線もつながってリードを広げながら試合を運ぶことができた。ベテラン小西あかり投手も完封勝利を挙げ、先発をできるだけ我慢して使う今季の構想が遅まきながら軌道に乗り始めた。ここ2シーズン開幕で好スタートを切っても第2節でつまずくパターンが続いて昨年は4連敗。その前も1勝3敗だった。今回は逆の流れに変え、鬼門と化していた5月の4連戦を乗り切って前半の折り返しを迎えた。

 

さらにみる