長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

ロードレース・マラソン

長野マラソン              長野県陸上競技選手権(マラソン)    長野車いすマラソン

片桐陽和選手(立科)中学男子5キロ16分54秒初優勝。アップダウン新コース切り替えしっかり全力出し切る。飯綱、中学女子3キロ5人出場。秋駅伝へ臨戦態勢?――長野県佐久ロードレース4月3日

第48回長野県ロードレース佐久大会は4月3日、佐久市総合運動公園陸上競技場を発着とする佐久ハーフマラソンコースで行われた。新規に公認されたコース。従来行われてきた駒場公園から移り、より山沿いでアップダウンの多いコースとなった。中学男子5キロは片桐陽和選手(立科3年)が16分54秒で初優勝。県ロード伊那大会に続いて5キロロードで17分を切ってきた。出場選手が少ない中、中学女子は飯綱が中長距離の5人全員で参加した。宮島よしの選手(3年)と髙野美穂選手(2年)がラストで争いながら1秒差でゴール。宮島選手、高野選手の順に3位が土屋槻里子選手(3年)だった。

さらに見る

長野県ロードレース佐久大会

長野マラソン              長野県陸上競技選手権(マラソン)           長野車いすマラソン

東海大三陸上部コーチ亀山絵未選手、走る楽しさと初心届ける――4月19日、長野マラソン

4月19日号砲の第17回長野マラソンへ、教員2年目で東海大三高陸上競技部副顧問・コーチの亀山絵未選手が出場する。同高は母校。名城大女子駅伝部、実業団のスターツを経て、昨年戻って来た。現役第一線のころ果たせなかった思いを初マラソンに乗せて走る。5000メートルを16分台前半で駆け抜けた実業団や学生のときのような状態にはないが、3月上旬には名古屋ウィメンズマラソンでお笑いコンビ「たんぽぽ」白鳥久美子さんの伴走を務め、6時間3分49秒の感動に寄り添った。走ることが好き。陸上が好き。いま現在苦しいことが多い学校の現役部員のために、走る姿で初心を届けたい。

さらに見る

市民ランナー浅野公介選手(松本大学助手)11年ぶりマラソン。目指す5時間切りへ体力知力結集――4月19日、長野マラソン

第17回長野マラソンは4月19日、長野運動公園~長野オリンピックスタジアムの42.195キロで行われる。松本大学人間健康学部健康栄養学科助手の浅野公介選手(41)が11年ぶりのマラソンに挑戦する。前回は2004年のつくばマラソンで4時間11分44秒で完走。松本在勤8年目でようやく走れる長野マラソンはアルプスなどの景色も楽しみにしながら、5時間切りを目指す。

さらに見る

中学男子5キロ宮内斗輝選手(高森)中学女子3キロ高根楓選手(浅科)エース目指す今年の始まり――長野県ロードレース佐久大会4月4日

第47回長野県ロードレース佐久大会は4月4日、佐久市駒場公園発着のハーフマラソンコースで行われた。中学男子5キロは宮内斗輝選手(高森3年)が1キロ3分20秒ペースでトップを独走し、5キロ自己ベストの16分34秒でフィニッシュ。中学女子3キロは高根楓選手(浅科3年)が10分43秒でゴールした。

さらに見る

長野県ロードレース佐久大会

長野県ロードレース伊那大会

伊那ロードレース