カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

陸上

北信越高校新人陸上

長野オータム・トライアル2017

長野市内高校陸上(秋季)

軽井沢A&AC、標準突破女子4選手で臨む全国。全中四種競技6位土屋ほのか選手(軽井沢)ハードル勝負。塚田菜々選手(小諸東)ライバル急伸ハードル、あせりと戦い2年連続ダブル全国。市村彩美選手(軽井沢)四種競技の悔しさハードルで晴らす。大森里香選手(芦原)小中学またがる走り幅跳び2年連続全国――10月27日からジュニアオリンピック陸上

第48回ジュニアオリンピック陸上競技大会は10月27日から横浜市の日産スタジアムで行われる。長野県は標準記録突破選手と各種目1人の都道府県枠で中学生の計35選手が出場する。計18人の女子は軽井沢A&ACで練習する3校4選手がいずれも高いレベルの標準記録を突破。土屋ほのか選手(軽井沢2年)は四種競技で全国中学6位入賞を果たし、県大会では県中学新の2822点。今大会出場する100メートルハードルは6月に県中学新をマーク。8月に入ってさらに記録を14秒32に伸ばし、2年生Bカテゴリーの優勝を目指す。塚田菜々選手(小諸東3年)は100メートルハードルで2年連続全中出場。今大会はハードル間の長さが異なる3年生Aカテゴリー種目ユースハードルで初めての決勝進出を目指す。100メートルハードルの市村彩美選手(軽井沢2年)は8月の記録会の14.79で標準記録を0.11秒クリア。小学6年以来の全国に臨む。大森里香選手(芦原1年)は走り幅跳びの1年生Cカテゴリーで昨年の全国小学生に続き2年連続の全国挑戦となる。

[ここまで451字/記事全文5948字]

さらに見る

長野マスターズ陸上長野市大会

長野市陸上競技記録会

長野県高校新人陸上

長野県中学新人陸上(中南信)

長野県中学新人陸上(東北信)

東信高校新人陸上

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社