長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

[ここまで555字/記事全文4052字]

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

陸上の全記事

東海マスターズ陸上競技選手権

吉冨和弥選手(須坂東高教)故障明け初レース。最低でもシーズンベスト出す――10月10日から全日本実業団対抗陸上

第62回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会は10月10日から3日間、山口市で行われる。吉冨和弥選手(須坂東高教、ライフメッセージAC)が男子200メートルに出場。今年5度目の実業団挑戦となる。8月下旬の東海選手権で右もも裏に肉離れを起こし、今大会は故障明け最初のレースとなるが、21秒96のシーズンベストは最低でも出すつもりだ。

[ここまで164字/記事全文1953字]

さらに見る

坂根遼汰郎選手(野沢中)、少年男子Bハードル決勝進出目指す――10月18日から長崎国体陸上

長崎県で行われている第69回国民体育大会の陸上競技が10月18日、諫早市で始まる。今夏110メートルハードルで全国中学出場の坂根遼汰郎選手(野沢3年)が少年男子B110メートルジュニアハードルで初出場する。全中では準決勝に進出。14秒39の自己ベスト更新はならなかったが、貴重な全国レースを経験した。2度目の全国となる国体は決勝進出が目標。そこで勝負したいと考えている。

[ここまで185字/記事全文1502字]

さらに見る

全信州陸上

本多俊平選手(ターミガンズ長野、高森中教)7種目大車輪3冠――全信州陸上10月4日

第66回全信州陸上競技大会は10月4日、上田城跡公園陸上競技場で行われた。フィールドを中心に1日で7種目に出場した本多俊平選手(ターミガンズ長野・高森中教)は走り高跳び、砲丸投げ、円盤投げの3種目で優勝。他4種目も軒並み上位のパフォーマンスを見せた。中学男子3000メートルは序盤から先頭に立った清水拓斗選手(上田第五3年)が9分50秒3で優勝。女子短距離の土屋かなめ選手(望月AC・望月中3年)は中学100メートルと一般・高校200メートルで2年連続2冠を達成した。

[ここまで234字/記事全文2535字]

さらに見る

400メートル池田仁選手(岩村田高)国体で取り返す――10月18日から長崎国体陸上

長崎県で行われている第69回国民体育大会の陸上競技が、10月18日から諫早市で始まる。少年男子A400メートルは池田仁選手(岩村田高3年)が初出場。春先から絶好調で来たが、インターハイを決める北信越でまさかの7位。しかし目標を切り替えてシーズン後半へ向けてチャレンジしてきた。300メートルで出場した全国高校陸上選抜は7位。10月3日に始まる日本ジュニア選手権400メートルを経て、国体に出場する。47秒76の自己ベスト更新で表彰台を目指す。

[ここまで221字/記事全文1833字]

さらに見る

樺澤春香選手(文化学園長野)女子800メートル2分17秒88。個人初の北信越2種目で決める――長野県高校新人陸上9月28日

平成26年度長野県高校新人陸上は9月28日、長野市営陸上競技場で最終日が行われた。女子800メートルはラスト200メートルで逆転した樺澤春香選手(文化学園長野2年)が2分17秒88の自己ベストで優勝。26日の400メートルとあわせ個人初の北信越を2種目でつかんだ。女子4×400メートルリレーはアンカー逆転の野沢北が4分05秒25でリレー2冠。男子円盤投げは米倉朋輝選手(長野工2年)が大会新の39m16で快勝し、前日の砲丸投げとあわせ2種目を大会新で制覇した。

[ここまで231字/記事全文2859字]

さらに見る

長野県高校新人陸上

松橋大夢選手(長野日大)男子100メートル高校初県優勝――長野県高校新人陸上9月27日

平成26年度長野県高校新人陸上は9月27日、長野市営陸上競技場で2日目が行われた。男子100メートルは松橋大夢選手(長野日大2年)が10秒80で高校初県タイトルを獲得した。男子400メートルハードルは東信5位の内堀連選手(北佐久農2年)が56秒57で制した。男子八種競技は山浦貫人選手(岩村田2年)が自己ベストを13点上回る4973点の大会新で優勝を果たした。

[ここまで180字/記事全文2767字]

さらに見る

清水泰地選手(丸子修学館)追い風参考もガッツポーズ。初7メートル台――長野県高校新人陸上9月26日

平成26年度長野県高校新人陸上は9月26日、長野市営陸上競技場で初日の決勝12種目などが行われた。男子走り幅跳びは清水泰地選手(丸子修学館2年)が追い風3.3メートルの5回目に7m04をマーク。公認記録とはならなかったが、7メートルジャンプは自身初。公認は自己ベストの6m87だった。男子やり投げは宮島真吾選手(阿南2年)が5投目に57m53の自己ベスト。女子1500メートルは中村智美選手(長野東2年)が4分35秒20で優勝し、長野東勢にアタックした前島玲美選手(長野2年)は4分36秒24の自己ベストで2位に割って入った。

[ここまで263字/記事全文2719字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフトPBコスメ

    ロフトネットストア

  • ロフトコスメフェスティバル

    ロフトネットストア


GoTo 日本女子 1部

大和電機工業ホープセクション2位懸けた最終戦Dream Citrineに屈す。レギュラーシーズン3位終了――日本女子ソフトボールリーグ2部第4節

 

日本女子ソフトボールリーグ第4節は9月24日まで岐阜県大垣市で2部2連戦の大垣大会が行われた。暫定3位で今節を迎えた大和電機工業は平林金属にまず勝利。7勝4敗同士でDream Citrineとの決戦に臨んだ。勝った方がホープセクション2位、入れ替え戦進出への望みがつながる最終戦は相手1点リードで終盤を迎えたが、6回に代打攻勢で決定的な3点を加えられ0-4で敗れた。

 


さらにみる