長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

野球

長野県中学総体軟式野球

長野大、硬式野球部再建へ土台づくり。関甲新リーグ復帰へ、まずは新歓全力投球

かつて関甲新学生野球リーグで2部に上がり、近年は休部が続いていた長野大が同好会として硬式野球を復活させ、部昇格とリーグ戦復帰を目指して活動している。昨年夏、現在の2年生を中心に始動。佐久長聖で甲子園に選手で出場し、徳島・鳴門でベンチ入りして甲子園でサードコーチに立った選手がそれぞれ参加している。高校野球の経験者が多いが、未経験者も参加。活動は荒れてしまったグラウンド整備から始めるゼロからのスタートだったが、シートノックもできるまでの状態に整えてきた。いつか県№1の大学野球部となり、運動部の模範となり大学を引っ張っていける部となるべく、その土台をつくる決意で取り組んでいる。

さらに見る

全日本大学軟式野球選手権

ベスト4松本大、反撃及ばす。白鷗大に準決勝1-3――全日本大学軟式野球選手権8月19日

第38回全日本大学軟式野球選手権大会は8月19日、長野オリンピックスタジアムで準決勝が行われた。創部以来初のベスト4進出を果たした松本大は白鷗大と対戦。2点を追い4回に木次光佑選手(2年)の内野安打と徳武和希選手(1年)の右中間三塁打で1点差に追い上げたが、7回に追加点を許し1-3で敗れ、決勝進出はならなかった。

さらに見る

松本大、特別延長制し初ベスト4。4回太田直樹選手先制タイムリー、木次光祐選手サヨナラ押し出し――全日本大学軟式野球選手権8月18日

第38回全日本大学軟式野球選手権大会は8月18日、長野オリンピックスタジアムなどで準々決勝が行われた。すでに初の2回戦突破を果たしている松本大は神奈川大平塚校舎と対戦し、4回表に太田直樹選手(2年)の右前適時打で先手をとった。松本大は7回に2死一、三塁からの挟殺プレーの間に同点に追いつかれ、試合は10回特別延長(無死満塁)に突入した。神奈川大の攻撃を1点でしのいだ松本大はその裏、遊ゴロのバックホーム悪送球でまず1点。1死満塁で木次光祐選手(2年)が四球を選び、サヨナラの押し出しで決着した。

さらに見る

佐久長聖、準決勝0-2。全中進出ならず――北信越中学総体軟式野球8月6日

平成27年度第36回北信越中学総体軟式野球は8月6日、越前市の丹南総合公園野球場で準決勝、決勝が行われた。長野県第1代表の佐久長聖は前日の初戦を4-2で勝利し、全中を懸けた準決勝で富山1位の氷見北部と対戦した。先攻の佐久長聖は初回と2回に先頭打者が三塁まで進むチャンスをつくったが、いずれも三振に抑えられるなど後続を断たれ先制できなかった。守備では走者を出しながらもしのぎ、4回まで0-0。しかし5回裏、2死一、三塁から相手4番に右中間へ三塁打を打たれ、この2点を返すことができず0-2で敗れた。

さらに見る

長野県中学総体軟式野球

高校野球木島平トーナメント戦

長野県中学総体軟式野球

少年野球チーム率いる10代現役大学生監督――長野大2年・尾沼秀一さん

佐久市中込の中央区少年野球チームで、昨年末から10代の現役大学生が監督を引き受けている。野沢南高野球部出身の捕手で、長野大の2年生・尾沼秀一さん(19)。この若さながら、「しっかりした小学生を育てたい」という指導目標。勝てばよいでなく、あいさつのできるチーム、手伝いができるチーム、道具を大事にするチームを指導の柱に据え、子どもを育てる指導者として恥ずかしくない自己修練に努めている。

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社