カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

バスケットボール全記事

ANTELOPES、13点差ひっくり返し連覇――県一般男子・女子バスケットボール大会7月21日

7月7日に始まった長野県一般男子・女子バスケットボール大会は最終日の7月21日、長野市営豊野体育館で男女の決勝2試合が行われた。男子、ANTELOPES(長野市)はDEVELOPERと対戦。立ち上がりの出遅れを2Qから逆転し、91‐72で2年連続4回目の優勝を決めた。女子は長野大が前半の3P攻勢で信州大を84‐71で破って初優勝を決め、10月から始まるインカレ予選へ向け弾みをつけた。

[ここまで193字/記事全文1825字]

さらに見る

長野高専がアベック優勝で、全国高専進出――関東信越地区高専バスケットボール

7月6、7の両日、栃木県で行われた関東信越地区高等専門学校体育大会のバスケットボール競技で、長野高専が2年ぶり2度目の男女アベック優勝を果たし、8月の全国高専大会にそろって出場することになった。それぞれ特色を生かした戦い方など、児玉英樹男子監督に聞いた。

[ここまで127字/記事全文937字]

さらに見る

長野県高校総体バスケットボール

男子V7、女子V4。ことしも東海大三――長野県高校総体バスケットボール6月2日

県高校総体バスケットボールは6月2日、茅野市運動公園総合体育館で最終日の準決勝、決勝が行われた。男子決勝は東海大三が終盤、佐久長聖の猛烈な追い上げに苦しみながらも72-59で勝利し、7連覇を達成した。女子決勝は、東海大三がプレスを掛け続けて長野吉田を寄せつけず4連覇。男女揃ってインターハイ出場を決めた。

[ここまで152字/記事全文1762字]

さらに見る

岡谷東、リバウンド戦制して初戦突破――長野県高校総体バスケットボール5月31日

県高校総体バスケットボールは5月31日、茅野市運動公園総合体育館などで初日の1回戦が行われた。男子は南信5位の岡谷東が北信4位の長野に76-59で勝利。リバウンド戦で優位に立ち、中盤追いつかれながらも3Q以降に突き離した。

[ここまで111字/記事全文1045字]

さらに見る

男子・長野大、昨年劇的逆転勝ちの感動再び――6月8日から、長野県学生バスケットボール選手権大会

県学生バスケットボール選手権大会は6月8、9の両日、上田市自然運動公園総合体育館などで行われる。男子・長野大は決勝進出を目指す。一時期北信越2部だったがその後衰退。インカレ予選にも出られる状態ではなかったが、勝ちたい気持ちの強い1年生が多く加入した昨年は県学生選手権ベスト4。ことしは2年生となって、中心メンバーとして引っ張る。

[ここまで164字/記事全文1458字]

さらに見る

北信一般バスケットボール親善大会

全国障害者スポーツ大会 北信越・東海ブロック予選会バスケットボール競技

女子・FID長野に愛知の壁――全国障害者スポーツ大会バスケットボール北信越・東海予選5月19日

全国障害者スポーツ大会バスケットボール競技北信越・東海予選は5月19日、下諏訪体育館で行われた。男女7チームが参加。全国大会出場を目指して競った。女子決勝は、長野代表のFID長野が愛知に48-99で敗れ、昨年に続く全国出場はならなかった。男子・FID長野は決勝でFID新潟を90-51で破り、優勝した。

[ここまで151字/記事全文931字]

さらに見る

老舗長野クラブが狙う、一般・シニアのダブル代表――5月25日から、ママさんバスケ全国大会長野県予選

長野県ママさんバスケットボール交歓大会が5月25、26の両日、佐久市の望月総合体育館で行われる。一般とシニアのカテゴリーでトーナメント戦が行われ、7月の全国交歓大会の県予選会と日本マスターズの選考会を兼ねる。ことしで32回目。大会の創設と同時期から息の長い活動を続けている“姉妹”で、一般の長野クラブが昨年に続く優勝、長野クラブシニアが2年ぶりの代表返り咲きを目指す。

[ここまで185字/記事全文1371字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社