長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

バスケットボール全記事

長野高専、2連覇に向け初日予選リーグ2戦2勝1位通過――東日本高専バスケットボール大会12月26日

平成26年度第5回東日本高専バスケットボール大会は12月26日、長野運動公園総合体育館で初日の予選リーグが行われた。2連覇を目指す長野高専はbリーグで小山高専、福井高専と対戦。初戦の小山には74-55で勝利し、続く福井にも53-41で勝ち、2勝0敗の勝ち点4で1~4位の順位決定リーグ進出を決めた。予選は1Q8分で行われた。

さらに見る

女子・長野南初出場、北信5位からつかんだ挑戦権。ウインターカップ級から学ぶ――1月4日からモルテンカップ高校新人バスケットボール選抜優勝長野大会

モルテンカップ第37回高校新人バスケットボール選抜優勝長野大会は1月4日から3日間、松本市総合体育館で行われる。県新人男女ベスト4と、県外招待校男女それぞれ4校が出場し各8チームで3日間の総当たり戦を行う。女子・長野南はモルテンカップ初出場。県新人では北信5位から初のベスト4に勝ち上がる快進撃で今大会の出場権を勝ち取った。インターハイやウインターカップ出場レベルとの対戦。3日間で7試合のハードな日程だが全員で戦い、多くのことを学んでくる。

さらに見る

全国クラブバスケットボール選手権長野予選会

飯田ファイヤーズ、伊那クラブから男子日本代表候補に3選手。2020年東京パラリンピック目指し活動

2020年東京パラリンピックIDバスケットボール競技日本代表を目指し、飯田ファイヤーズの栗澤護選手(20)、白鳥健司選手(25)、伊那クラブの北澤和也選手(26)の3選手が男子日本代表候補に選ばれている。飯田ファイヤーズは8月に福岡市で行われた2014FIDジャパン・チャンピオンシップバスケットボール大会Bブロックで初出場初優勝を果たしている。

さらに見る

長野県ミニバスケットボール選手権

北信越懸け3位決定戦。女子・伊那弥生ヶ丘、勢いの長野南封じる。男子・屋代は北信決勝の再戦に勝利。女子・岩村田、27年ぶり準優勝。男女優勝は東海大三――長野県高校新人バスケットボール11月30日

平成26年度長野県高校新人バスケットボールは11月30日、長野運動公園総合体育館で最終日が行われた。3位決定戦の女子は1月の北信越を懸けて南信3位の伊那弥生ヶ丘と北信5位の長野南が争った。接戦の前半から伊那弥生ヶ丘が3Qに突き放し、86‐60で勝利。新人戦10年ぶりの北信越を決めた。男子の3位決定戦は北信決勝の再現となり、前日に38年ぶりのベスト4を決めた屋代が市立長野に93‐68で快勝した。優勝は男女ともに東海大三。女子は決勝で岩村田にリードされるなど苦戦した。女子・長野南は初のベスト4を果たしたはつらつプレーを最終日も展開した。

さらに見る

女子決勝、逆転でTOSC初優勝。男子川中島2年ぶり6回目――長野県ミニバスケットボール選手権11月30日

パナホーム東海カップ第39回長野県ミニバスケットボール選手権大会は11月30日、箕輪町社会体育館などで最終日が行われた。女子決勝は中南信1位のTOSCミニバスケットボールクラブ(伊那市)が東北信1位のスポコミ東北長沼ミニ(長野市)に43-38で逆転勝ちし、初優勝を果たした。男子決勝は東北信2位の川中島籠球倶楽部(長野市)が東北信3位の長野湯谷ミニバスケットボールクラブを46-38で下した。優勝は2年ぶり6回目。

さらに見る

長野県高校新人バスケットボール

男子・屋代、新人戦38年ぶりベスト4。市立長野も佐久長聖に快勝。北信勢2校モルテンカップ出場権確保――長野県高校新人バスケットボール11月29日

平成26年度長野県高校新人バスケットボール大会は11月29日、長野運動公園総合体育館など3会場で2日目の2回戦、準々決勝が行われた。男子準々決勝は北信1位の屋代と南信3位の赤穂が対戦。前半で大きくリードした屋代が103‐53で圧勝し、新人戦38年ぶりの県ベスト4を果たした。北信2位の市立長野と東信1位の佐久長聖は市立長野が69‐45で快勝。男女のベスト4は1月に松本市で行われるモルテンカップ(高校新人選抜優勝長野大会)の出場権を獲得した。

さらに見る

女子・長野、初の準優勝。やりきった感の完全燃焼――全国障害者スポーツ大会バスケットボール

11月初旬、長崎市で行われた全国障害者スポーツ大会バスケットボール競技でFIDの女子・長野が初の準優勝を果たした。初戦は秋田に36‐35で勝利。公式戦評によると、7点リードで迎えた4Q終盤に秋田の攻勢に遭い、残り5秒で1点差まで詰め寄られたが逃げ切った。準決勝の岡山戦はオフェンスリバウンドで流れをつかんで逆転勝ちし、まずメダルを確定させた。決勝は日本代表選手を多く擁する東京に46‐82で敗れたが、これまで限界だった3位から一歩抜ける結果を残した。

さらに見る