カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

バスケットボール全記事

インターハイ準優勝・明成(宮城)に市立長野、屋代が体当たり――長野カップ全国高校選抜バスケットボール大会9月6日

2014長野カップ全国高校選抜バスケットボール大会は9月6日、長野運動公園総合体育館で初日の4試合が行われた。昨年のウインターカップ覇者で今夏インターハイ準優勝の明成(宮城)に、北信地区高校2校が2Qずつチャレンジした。最初はウインターカップ北信地区予選1位の市立長野。高さで勝る相手にリバウンドで競り、速攻を果敢に繰り出し1Qを18-15のリードで折り返した。2Qも残り2分までリードを保った。最後は地力の差で敗れたが、計2Qのスコアで34-38と善戦が際立った。続いて挑戦は同2位の屋代。速攻中心にスピードで攻め、1Qの残り5分を切って12-12。その後次第に点差がついたが、2Q合計で29-46の健闘だった。

[ここまで307字/記事全文2578字]

さらに見る

ウインターカップ長野県4地区予選

川中島、全中へ王手。宮内(新潟)破りベスト4。開成は優勝候補相手に善戦――北信越中学総体バスケットボール男子8月6日

平成26年度北信越中学総体バスケットボールは8月6日、新潟市の東総合スポーツセンターなどで2回戦までが行われベスト4が出そろった。男子の長野は川中島と開成が初戦を突破。県総体優勝の川中島は2回戦で宮内(新潟)と対戦し、前半17点差でリード。後半もブレーキなく得点を重ね、65‐49で勝利した。2回戦で優勝候補の本丸(新潟)と対戦した開成は前半1点差で食い下がったが、後半突き放されて73‐50で敗れた。7日は川中島が上位2校全国中学出場権を懸け、準決勝で鳥屋野(新潟)と対戦する。

[ここまで240字/記事全文1768字]

さらに見る

長野県中学総体バスケットボール

男子長野高専5連覇。全国高専進出――関東信越地区高専バスケットボール

7月12、13の両日、茨城県で行われた関東信越地区高等専門学校体育大会のバスケットボール競技で、長野高専の男子が5連覇を達成した。連覇を狙った女子は準決勝で敗れた。優勝の男子は8月末に高知県で行われる全国大会に出場する。決勝戦の様子などを児玉英樹監督に聞いた。

[ここまで130字/記事全文889字]

さらに見る

長野県一般男子・女子バスケットボール

長野県学生バスケットボール選手権

諏訪東京理科大、1年生大挙入部。優勝へモチベーション上昇――6月21日から長野県学生バスケットボール選手権

長野県学生バスケットボール選手権大会は6月21日から2日間、上田市自然運動公園総合体育館などで行われる。昨年初戦敗退の男子・諏訪東京理科大は優勝を目指して挑戦する。部の大半を占めていた4年生がこの春卒業。部員数は一時6人と危機的水準に落ち込んだが、新歓では積極的な勧誘に打って出て、新たに1年生8人が仲間入りした。経験者もいれば初心者もいるチームだが、昨年よりも練習量を増やすなど今年に懸ける意気込みは強い。

[ここまで204字/記事全文1837字]

さらに見る

東御清翔が初優勝――長野県高校定通制総体バスケットボール6月14日

平成26年度長野県高校定時制通信制総体バスケットボールは6月14日、長野高校で行われた。男子決勝は東御清翔と赤穂が対戦。前半で22点差とした東御清翔は、後半も速攻やミドルシュートで得点を重ね66-44で勝利。初優勝で8月のインターハイ(東京都)を決めた。

[ここまで128字/記事全文1900字]

さらに見る

東海大三、サッカーに続きバスケも男女アベック優勝――長野県高校総体バスケットボール6月8日

平成26年度長野県高校総体バスケットボール最終日は6月8日、男女の準決勝、決勝などが行われた。優勝はいずれも東海大三。女子は5連覇、男子は8連覇に伸ばした。女子決勝は東海大三が前半から長野吉田に大きくリードして92-40で勝利した。男子決勝は東海大三が市立長野と接戦になったが4Qに突き放し、91-66で逃げ切った。

[ここまで158字/記事全文1767字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社