長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

中学

女子・臼田、後半13点差はねかえし逆転2連覇フリースロー決着。男子・伊那東部、1戦ごと集中力高めて県初頂点――長野県中学新人バスケットボール1月15日決勝トーナメント

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月15日、伊那中学校で最終日が行われた。女子決勝は臼田が伊那東部に前半15-28とリードされたが3Qから巻き返し4Q残り4分半に追いついた。延長突入もありえた終盤、獲得したフリースローを着実に決めて52-48で制し、2年連続3回目の優勝を決めた。男子決勝はともに初優勝を目指す三陽と伊那東部で争われ前半は35-35の同点。4Qの残り5分ごろから伊那東部が徐々に引き離し67-56でタイムアップを迎えた。新人戦の伊那東部は上伊那2位で南信地区大会も決勝で敗れて2位。今大会は予選リーグの初戦で敗れ、1勝1敗で3校が並んだBリーグをゴールアベレージの2位通過で決勝トーナメントに上がってきた。1戦ごとに集中力を高め、県の頂点をつかんだ。

さらに見る

長野県中学新人バスケットボール

男子・高山準々決勝残り13.5秒相手スローインを逆転勝利、小林龍主将3点弾57-55劇的決着。飯田東善戦及ばず。男子・三陽、布川貴士選手菅野シューター封じ形勢逆転70-48ベスト4――長野県中学新人バスケットボール1月14日決勝トーナメント

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月14日、赤穂中学校と伊那中学校で決勝トーナメント1回戦と準々決勝が行われた。男子は高山と飯田東の準々決勝が2Q以降大接戦となり、4Q残り1分12秒に5点差とされた高山が残り55秒にフォワード松隈立樹選手(2年)のゴール、さらにセンター呉羽大樹選手(2年)の連続ゴールで13.5秒を残して1点差に迫った。飯田東ボールのスローインがミスとなって残り10.3秒からの攻撃で呉羽選手が背中で張ったスクリーンの外からガード小林龍主将(2年)が逆転スリーポイントを決め、57-55で劇的勝利を収めて県大会初出場でベスト4進出を果たした。三陽は菅野との3点差を追って2Qにフォワード布川貴士選手(2年)の速攻、ガード本藤生蕗選手(1年)の3点シュートなどで逆に10点リードとし、後半も着実に得点を重ねて70-48でベスト4進出を決めた。

さらに見る

女子・中込2戦目ロースコア37点決勝トーナメント進出拾う。女子・篠ノ井西2戦目、前半2点リード3Q力尽く――長野県中学新人バスケットボール1月8日予選リーグ

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月8日、伊那中学校体育館などで初日の予選リーグが行われた。女子Oリーグは中込(東信3位)と松島(中信2位)が1敗同士で決勝トーナメントへ最後の椅子を争った。1Qに中込が18-5でリードしたあと試合が一気にペースダウンして2Qは双方合わせてわずかに4ゴール。37-19のロースコアで中込が生き残った。女子Kリーグは1敗の篠ノ井西(北信3位)が1勝の伊那(南信2位)に背水の陣で勝負を挑み2点リードでハーフタイムを迎えたが、後半は相手のボックスアウトに有効な手立てを欠き54-78で予選リーグ敗退となった。決勝トーナメントは14日と15日に行われる。

さらに見る

高遠、空前男女そろって県出場。ともに伸び№1。女子南信3位から優勝目指し、南信6位男子は予選リーグ突破目標――1月8日から長野県中学新人バスケットボール

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権は1月8日から伊那中学校など南信の各会場で行われる。初日は3校の予選リーグで第2週の14、15日の決勝トーナメントには予選各リーグ2位以上の男女それぞれ16校が進出する。高遠は11月の南信大会で女子3位、男子6位でともに県進出を決めた。女子は2位の伊那に準決勝3点差負けで、決勝は1位の伊那東部と伊那がわずかに1点差。上伊那はこの3校の力の差がほとんどない状況となっている。準々決勝で敗れて5、6位決定戦に回った男子はここで1勝して6位を確保した。女子は北信越出場を夏の目標とし、新人戦から県優勝を目指して臨む。今大会、下剋上(げこくじょう)があるとすれば、最近力をつけている高遠が発端となる可能性がある。

さらに見る

長野県中学新人バスケットボール郡市大会 (木曽・安曇野市・北安曇・東筑摩塩尻・松本市追加)

長野県中学新人バスケットボール4地区大会

長野県中学総体バスケットボール

男子・軽井沢、新人戦ではね返された地区大会を一戦集中で突破。東信3位からの県挑戦――7月16日から、県中学総体バスケットボール

平成28年度長野県中学総体バスケットボールは7月16日から佐久市総合体育館と上田市自然運動公園総合体育館で行われる。全国中学へ6月前半の郡市大会から始まり第3の関門。最終関門の北信越へ上位3校を目指す。男子は軽井沢が東信3位から挑戦する。昨秋の新人戦は郡市の佐久大会でブロック戦をトップ通過してトーナメントの決勝に上がったが、東信大会は初戦で屈した。そのときの悔しさを胸に刻み、8カ月の精進が実って県大会進出を果たした。身長のある3年生のインサイドプレーヤーをそろえ、もとから将来性のあったチームは県中学選抜スタッフで新年度に異動してきた登坂武人監督が引き継いで戦術面、技術面などの取り組みをさらに強めた。家庭婦人連盟理事長の小山ひろみコーチが指導する恵まれた体制となっている。地元にミニバスケットボールクラブがなく経験者はガード内山啓助主将(3年)とフォワード小林丸将選手(3年)の2人だけだが、この2年ほどの間に他の有力校と渡り合える力をつけてきた。

さらに見る

4地区中学総体バスケットボール