カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

中学

北信越総体バスケットボール

長野県中学総体バスケットボール

男子・飯田東、意思ひとつにチームワーク。南信3位から目指す北信越――7月15日から長野県中学総体バスケットボール

平成29年度長野県中学総体バスケットボールは7月15日から高山中学校体育館と須坂市市民体育館の両会場で行われる。男子の飯田東は昨年の新人戦に続き、6月の南信総体も3位。新人戦は県ベスト8入りした。総体も県は初出場。こんどはそのひとつ先の県ベスト4を目指す。通常の年は県3位までが北信越に進出し全国中学へさらなる挑戦を続けるが、今年は北信越の長野県開催のため枠が4校。準々決勝を突破できればそこで北信越が決まる。

[ここまで205字/記事全文3210字]

さらに見る

長野県4地区中学総体バスケットボール

女子・臼田、後半13点差はねかえし逆転2連覇フリースロー決着。男子・伊那東部、1戦ごと集中力高めて県初頂点――長野県中学新人バスケットボール1月15日決勝トーナメント

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月15日、伊那中学校で最終日が行われた。女子決勝は臼田が伊那東部に前半15-28とリードされたが3Qから巻き返し4Q残り4分半に追いついた。延長突入もありえた終盤、獲得したフリースローを着実に決めて52-48で制し、2年連続3回目の優勝を決めた。男子決勝はともに初優勝を目指す三陽と伊那東部で争われ前半は35-35の同点。4Qの残り5分ごろから伊那東部が徐々に引き離し67-56でタイムアップを迎えた。新人戦の伊那東部は上伊那2位で南信地区大会も決勝で敗れて2位。今大会は予選リーグの初戦で敗れ、1勝1敗で3校が並んだBリーグをゴールアベレージの2位通過で決勝トーナメントに上がってきた。1戦ごとに集中力を高め、県の頂点をつかんだ。

[ここまで343字/記事全文5136字]

さらに見る

長野県中学新人バスケットボール

男子・高山準々決勝残り13.5秒相手スローインを逆転勝利、小林龍主将3点弾57-55劇的決着。飯田東善戦及ばず。男子・三陽、布川貴士選手菅野シューター封じ形勢逆転70-48ベスト4――長野県中学新人バスケットボール1月14日決勝トーナメント

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月14日、赤穂中学校と伊那中学校で決勝トーナメント1回戦と準々決勝が行われた。男子は高山と飯田東の準々決勝が2Q以降大接戦となり、4Q残り1分12秒に5点差とされた高山が残り55秒にフォワード松隈立樹選手(2年)のゴール、さらにセンター呉羽大樹選手(2年)の連続ゴールで13.5秒を残して1点差に迫った。飯田東ボールのスローインがミスとなって残り10.3秒からの攻撃で呉羽選手が背中で張ったスクリーンの外からガード小林龍主将(2年)が逆転スリーポイントを決め、57-55で劇的勝利を収めて県大会初出場でベスト4進出を果たした。三陽は菅野との3点差を追って2Qにフォワード布川貴士選手(2年)の速攻、ガード本藤生蕗選手(1年)の3点シュートなどで逆に10点リードとし、後半も着実に得点を重ねて70-48でベスト4進出を決めた。

[ここまで389字/記事全文4777字]

さらに見る

女子・中込2戦目ロースコア37点決勝トーナメント進出拾う。女子・篠ノ井西2戦目、前半2点リード3Q力尽く――長野県中学新人バスケットボール1月8日予選リーグ

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権大会は1月8日、伊那中学校体育館などで初日の予選リーグが行われた。女子Oリーグは中込(東信3位)と松島(中信2位)が1敗同士で決勝トーナメントへ最後の椅子を争った。1Qに中込が18-5でリードしたあと試合が一気にペースダウンして2Qは双方合わせてわずかに4ゴール。37-19のロースコアで中込が生き残った。女子Kリーグは1敗の篠ノ井西(北信3位)が1勝の伊那(南信2位)に背水の陣で勝負を挑み2点リードでハーフタイムを迎えたが、後半は相手のボックスアウトに有効な手立てを欠き54-78で予選リーグ敗退となった。決勝トーナメントは14日と15日に行われる。

[ここまで300字/記事全文3234字]

さらに見る

高遠、空前男女そろって県出場。ともに伸び№1。女子南信3位から優勝目指し、南信6位男子は予選リーグ突破目標――1月8日から長野県中学新人バスケットボール

第47回長野県中学校新人バスケットボール選手権は1月8日から伊那中学校など南信の各会場で行われる。初日は3校の予選リーグで第2週の14、15日の決勝トーナメントには予選各リーグ2位以上の男女それぞれ16校が進出する。高遠は11月の南信大会で女子3位、男子6位でともに県進出を決めた。女子は2位の伊那に準決勝3点差負けで、決勝は1位の伊那東部と伊那がわずかに1点差。上伊那はこの3校の力の差がほとんどない状況となっている。準々決勝で敗れて5、6位決定戦に回った男子はここで1勝して6位を確保した。女子は北信越出場を夏の目標とし、新人戦から県優勝を目指して臨む。今大会、下剋上(げこくじょう)があるとすれば、最近力をつけている高遠が発端となる可能性がある。

[ここまで326字/記事全文4014字]

さらに見る

長野県中学新人バスケットボール郡市大会 (木曽・安曇野市・北安曇・東筑摩塩尻・松本市追加)

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社