カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

空手道

町田虎太郎選手(長野大豆島)6年男子形・組手2冠。誠拳会同門・諏訪京太郎選手(長野大豆島)と組手3年連続決勝ついに制し、組手初優勝。5年男子組手も颯志会4年連続同門決勝。忠地瞳真選手(松本岡田)が2連覇、三澤潤也選手(松本岡田)に2-1勝利――長野県小学生空手道選手権5月21日

第15回長野県小学生空手道選手権大会は5月21日、駒ヶ根市武道館で学年別個人の形、組手が行われた。6年男子組手は3年連続で誠拳会(長野市)の同門決勝。ともに長野市大豆島小の町田虎太郎選手と諏訪京太郎選手の対戦は昨年とおととし諏訪選手が制していたが、今回は町田選手が雪辱(せつじょく)した。たがいに決め手がなく終盤まで0-0。残り30秒となって町田選手の上段突きが入り、試合終了まぎわにも上段突きが決まり、2-0で組手初優勝を果たした。町田選手は形2連覇で初の2冠もなしとげた。5年男子組手も4年連続で同門・颯志会(松本市)の忠地瞳真選手と三澤潤也選手の決勝。ともに松本市岡田小。昨年全国少年少女学年別で準優勝の忠地選手が2-1でせり勝ち、県2連覇とした。

[ここまで327字/記事全文2004字]

さらに見る

長野県小学生空手道選手権

松涛会、団体戦に堀金、北安松川、明科、高瀬。全中目指す布陣――5月29日、長野県中学生空手道選手権

第21回長野県中学生空手道選手権大会は5月29日、松本市波田体育館で行われる。団体組手と団体形で上位2校、個人組手と個人形で上位2人が8月下旬の全国中学生大会に出場する。松涛会は堀金、北安松川、明科、高瀬が団体でもチームを編成して臨む。個人では昨年秋の県ジュニア選手権で大野翔聖選手(堀金2年)、横沢京選手(北安松川2年)が男子の学年別個人組手で2位と3位、女子個人組手は山越星選手(明科2年)が優勝している。1年生では竹内絃喜選手(高瀬)が6年生の昨年、組手で3位の好成績を挙げている。

[ここまで244字/記事全文1318字]

さらに見る

長野県小学生空手道選手権

松涛会の空手道。競技で成長、人として成長。5年生小保内壮太選手(会染)、4年生西山静流選手(北安松川)昨秋北信越準優勝の実力――5月22日、長野県小学生空手道選手権

第14回長野県小学生空手道選手権大会は5月22日、駒ケ根市武道館で行われ、8月の全日本少年少女大会(8月、東京武道館)の県代表がここで決まる。松涛会は小保内壮太選手(池田町会染小5年)と西山静流選手(北安松川小4年)が学年別の組手で昨年の北信越小中学生空手道選手権で準優勝。小保内選手は水泳など合わせて6競技に取り組む。その中でも空手は県の学年トップクラスで活躍して、おととしは全少に出場している。

[ここまで199字/記事全文2225字]

さらに見る

颯志会、4年生忠地瞳真選手、三澤潤也選手、菊田琉稀選手組手昨秋ワンツースリー。形ひとすじ奥原怜音選手――5月22日、長野県小学生空手道選手権

第14回長野県小学生空手道選手権大会は5月22日、駒ケ根市武道館で行われる。8月の全日本少年少女大会(東京武道館)を目指し、県代表がここで決まる。道場を開いて8年目の颯志会(松本市)は上條めぐみ代表、三原克哉指導員、松田幸志郎指導員のもと、選手たちが力をつけてきた。昨年秋の県ジュニア空手道選手権は3年生だった忠地瞳真選手(岡田)三澤潤也選手(岡田)菊田琉稀選手(二子)が組手でワンツースリー。2年生だった奥原怜音選手(筑摩)が形で県優勝、北信越でも3位になっている。

[ここまで234字/記事全文2049字]

さらに見る

北信越小中学生空手道選手権

長野県高校新人空手道

誠拳会同門新戦力。中村礼生選手(駒澤大)中澤弘輝選手(帝京大)組手で貢献――10月3日から、和歌山国体空手道

和歌山県などで開催中の第70回国民体育大会で、10月3日から白浜町で空手道が行われる。長野は成年男子組手3階級のうち、2階級を誠拳会(長野市)出身の2選手で臨む。軽量級・中村礼生選手(駒澤大2年)、中量級・中澤弘輝選手(帝京大1年)は小学生以来の同門であるだけでなく、山梨・日本航空高の先輩後輩同士。団体組手の成年男子重量級はこれに世界選手権団体形優勝の杉野拓海選手(皆思道場)が加わる。長野県は昨年、少年女子形で石原優選手(松本第一高)が優勝するなど、形で実力を発揮しているが、組手の力もつけてきている。空手道の長野県監督は中村選手の父で誠拳会会長の中村宣之・県空手道連盟競技力向上専門部長が務める。国体5回目の中村監督は一昨年、長野県が形・組手の計2種目で優勝した全国中学空手道の県選手団をまとめ上げた手腕がある。

[ここまで359字/記事全文1534字]

さらに見る

浅川野乃香選手(仁科台)中学女子2年形、北澤夏周選手(赤穂)中学1年男子形学年別5連覇。はまなす杯全国中学生、北信越小中学生代表決定――長野県ジュニア空手道選手権9月13日

第16回長野県ジュニア空手道選手権大会は9月13日、松本市波田体育館で行われた。全国中学生選抜出場を懸けた中学生は、中学女子2年形の浅川野乃香選手(仁科台、剛誠館)と中学1年男子形の北澤夏周選手(赤穂、駒ヶ根市空手スポーツ少年団)が学年別で5連覇を達成。中学2年男子形の佐々木鴻介選手(豊科南、松涛会)が4連覇、中学2年女子組手の坂田月姫選手(三陽、志誠館)は2連覇だった。各種目の上位3選手(中学2年男子は2選手)が10月に上越市で行われる北信越小中学生選手権、中学生の各種目上位3選手は来年3月に北海道で行われるはまなす杯全国中学生選抜大会に出場する。

[ここまで278字/記事全文1026字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社