長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

クロスカントリースキー

長野県小学生クロスカントリースキー選手権

全日本スキー選手権(スプリント・チームスプリント・スキーアスロン)

白馬少年スキー大会(クロスカントリー)

長島ちなみ選手(長野清泉女学院高)3レース目最下位脱出。国体予選少年女子5キロクラシカルでタイム差大幅2分短縮。祖父江凛選手(飯山高)今シリーズ個人2勝。笠原陸選手(中野立志館高)少年男子ディスタンス負けなし3勝。成年男子B服部力、服部広兄弟(松本自衛隊)純クロカン復帰2シーズン目の奮戦――長野県スキー大会週間1月20日

第39回長野県スキー大会週間は1月20日、白馬村と木島平村で競技の5日目が行われた。木島平クロスカントリーコースの国体長野県予選会は少年女子5キロクラシカルで長島ちなみ選手(長野清泉女学院高1年)が28位。県高校総体のクラシカルとフリーはいずれも最下位で初日のクラシカルは同じ5キロでトップと6分8秒4の大差がついたが、これを4分3秒5差まで縮めてきた。山ノ内中で果たせなかった全国出場を学校出場枠の関係ながらインターハイで実現の運びとなっている。優勝は2位に5秒1差で祖父江凛選手(飯山高1年)が今シリーズ県選手権スプリントに続いて個人2勝を挙げた。成年男子B10キロクラシカルはバイアスロンから射撃抜きの純クロカンに戻って2シーズン目、松本自衛隊の服部力選手、服部広選手兄弟が今回も出場した。少年男子A10キロクラシカルは笠原陸選手(中野立志館高3年)が高校2冠と合わせディスタンス種目無敗の個人3勝とした。

さらに見る

志賀高原距離競技大会

志賀高原少年スキー大会(クロスカントリー)

白馬、最終戦爆発。中学男子郷津知哉選手、今田優作選手、橋本礼徳選手ワンツースリー。中学女子今溝陽名子選手シーズン初勝利。太谷好乃選手、松岡陽菜選手、松倉后杏選手3、4、5位大量入賞。小学6年女子竹内美琴選手(木島平)、小学5年女子小林百々果選手(山ノ内東)ともにシーズン初勝利。小学男子、6年祢津利空選手、5年佐藤虹選手、4年森稟桜選手で木島平独占――ドコモカップつなんクロスカントリー3月28日

ドコモカップ第18回つなんクロスカントリースキー大会は3月28日、新潟県津南町のマウンテンパーク津南クロスカントリースキーコースで行われた。月末の妙高・池の平の2レースが雪不足で中止。津南がシーズン最終戦となり地元新潟、群馬、北陸、東北などの選手が出場し、長野県も主要チームの多くが参加した。周辺の農地などの地肌がのぞく中でコースはぎりぎり保たれた。貴重な雪は重く湿っていたが、これに白馬勢がぴたりとスキーを合わせてきた。中学男子5キロフリーは白馬が郷津知哉選手(3年)、今田優作選手(3年)、橋本礼徳選手(2年)でワンツースリー。中学女子3キロフリーは今溝陽名子選手(2年)がシーズン初勝利。太谷好乃選手(3年)、松岡陽菜選手(2年)、松倉后杏選手(2年)が3、4、5位と続き白馬が大量入賞した。少年男子10キロフリーは白馬高の岡村慧胤選手(2年)が幾度も阻まれてきた優勝をここで達成した。小学6年女子3キロフリーは竹内美琴選手がシーズン初勝利。高橋夢果選手が続き木島平がワンツー。小学5年女子3キロフリーは小林百々果選手と山本真優選手で山ノ内東がワンツー。木島平は6年の祢津利空選手、5年男子の佐藤虹選手、4年以下男子の森稟桜選手で小学生男子の全クラスを独占した。

さらに見る

ドコモカップつなんクロスカントリー

定点観測――広島・芸北道場、西本兄弟2年連続スプリント準々決勝進出。兄・ひのき選手、全中チャンピオン2選手と同ヒート食い下がる――野沢温泉少年クロスカントリー3月13日

広島県のクロスカントリースキー兄弟選手が長野県など東日本の選手や大会から刺激を受けて、年々力をつけている。3月13日、野沢温泉村で行われた野沢温泉少年スキー大会に参加して4シーズン目、西本ひのき選手(芸北中3年)、西本みずき選手(芸北小5年)の兄弟がスプリントで2年連続準々決勝に進出した。最終結果で昨年と大きな違いは出なかったが、内容の点では東日本の実力ある選手と変わらない走りを見せた。兄・ひのき選手は今年も全国中学に出場し5キロフリー35位。1位とタイム差49秒5で西日本トップはもちろん、東日本の力のある選手も上回ってきている。リレーは1走ラップ7位で強豪北海道、秋田を視界に捉えて力走した。中学3年生で国体代表に選ばれ、広島県の主力で活躍。兄弟はシーズン最後に遠征する野沢少年を楽しみに、この大会を次のシーズンに向かう励みとしている。

さらに見る

前田志颯選手(白馬北)スプリント低学年男子トップ独走。祢津利空選手(木島平)高学年男子ラスト逆転勝利。高学年女子、中島果歩選手と山﨑優風選手で山ノ内西ワンツー――野沢温泉少年クロスカントリー3月13日

52回野沢温泉少年スキー大会(クロスカントリー)は3月13日、野沢温泉村オリンピックスポーツパーククロスカントリーコースで行われた。種目はスプリント。1キロの小学1~3年男子は前田志颯選手(白馬北3年)が優勝した。序盤からのリードを保ち、差を広げてゴールした。1.3キロの小学4~6年男子は祢津利空選手(木島平6年)が逆転で勝利した。小学4~6年女子は山ノ内西がワンツー。中島果歩選手(6年)、山﨑優風選手の順でゴールした。1.3キロの中学は男子が郷津知哉選手(白馬3年)、女子は祖父江凛選手(飯山城北3年)が2連覇した。小学1~3年女子は藤塚美礼選手(新潟・片貝3年)が勝利した。

さらに見る