カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

ジャンプ・コンバインド

野沢温泉少年スキー大会(ジャンプ)   ジャンプサーキット最終結果追加

白馬少年スキー大会(ジャンプ・コンバインド)

全日本スキー選手権大会(コンバインド)

木島平ジュニアジャンプ大会

野沢温泉少年スキー大会(スペシャルジャンプ)

小谷ジュニア、地元連戦みんなが表彰台目指して。矢口昂太主将、踏み切りできるだけ遠く見て――3月6日、栂池ノルディック

長野県ジャンプサーキットは3月6日、第4戦が第50回栂池ノルディック大会として行われ、小谷ジュニアが地元の試合にのぞむ。スペシャルジャンプは雪不足の中、ここまでは岩岳の第2戦しか行われていない。第5戦の野沢温泉は小学生がふだん飛ぶスモールヒルのまわりの状態が良くなく、ミディアムヒルで行われることになった。栂池高原は前日の5日にジュニアノルディック選手権があり、コンバインドは連戦になる。ここまでの1試合は新潟県の選手がトップで、小谷ジュニアは平田悠理選手(小谷6年)、鈴木寛太選手(小谷6年)が2番手と3番手につけている。さらに矢口昂太主将(小谷6年)、深澤駿太選手(小谷5年)が5番手、6番手で続き、今シーズンは長野県内でいちばん選手層が厚いチームになっている。女子も1人いて、穂高北小から参加している胡桃甘奈選手(5年)がジャンプもコンバインドも頑張っている。

[ここまで383字/記事全文3978字]

さらに見る

白馬少年スキー大会(ジャンプ・コンバインド)

北海道3連戦初の全勝締め。切磋琢磨のシーズン回顧――ジャンプ・野沢温泉ジュニアスキークラブ

野沢温泉小の選手がメンバーの野沢温泉ジュニアスキークラブはシーズン最後に挑んだ北海道3連戦を初の全勝で締めくくった。内田幹大選手(6年)がNHK杯全国少年大会など2勝を挙げ、西方優人選手(6年)が1勝した。全5戦の県内シリーズ戦・長野県小学生ジャンプサーキットは男子高学年で上位4位を独占し、女子は宮﨑彩音選手(6年)が圧勝した。今シーズンは6年生6人の層の厚さ。このメンバーが切磋琢磨して全体の底上げを行うことができた。北海道の3試合とシーズンの振り返りを野沢温泉スキークラブの杉山豪コーチに取材した。(学年は旧年度)

[ここまで260字/記事全文3840字]

さらに見る

野沢温泉少年スキー大会(スペシャルジャンプ)ジャンプサーキット最終結果追加

片桐優人選手、隼人選手(野沢温泉)兄弟ワンツー。女子トップは宮嶋林湖選手(白馬北)長野県小学生スペシャルジャンプ選手権2月21日

2015長野県小学生スペシャルジャンプ選手権大会は2月21日、上田市営菅平ジャンプ台で行われた。1月に開幕したジャンプサーキットの第3戦。高学年は野沢温泉6年の片桐優人選手と片桐隼人選手が双子でワンツーを飾った。3位には西方優人選手(6年)が続き、野沢温泉が上位3を独占した。女子でトップは白馬北5年の宮嶋林湖選手が6位だった。大会は第56回菅平シュナイダー記念スキー大会の中で、コンバインドとあわせて行われた。

[ここまで206字/記事全文2736字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社