長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • マックハウスヒート1

スキー・スノーボードの全記事

飯山市サマージャンプ大会

全日本グラススキー選手権

冬、全中チャンピオン前田知沙樹選手(TEAM DLWH、松商学園高)、世界ジュニア4冠目指す夏の挑戦――全日本グラススキー選手権6月21日

第30回全日本グラススキー選手権は6月21日、斑尾高原スキー場で初日の大回転がFISジュニア世界選手権選考レースとして行われた。女子一般は冬のアルペンで今年の全国中学回転チャンピオンで、グラススキーでは昨年世界ジュニア大回転チャンピオンの前田知沙樹選手(TEAM DLWH、松商学園高1年)が同じチームで昨年のグラススキー世界選手権チャンピオンの新谷起世選手(東京・TEAM DLWH、長野大出)と勝負した。ラップは2本とも届かなかったが、第一人者に合計タイムで0秒50差、大回転のFISポイントリストより小差のレースポイント4.83に詰め寄る滑りだった。

さらに見る

FIS野沢温泉カップ

FISマックアース・ウエストベルグおんたけ2240カップ

全国学生岩岳スキー大会

クロスカントリー6年生全員表彰台。木島平小が振り返る今シーズン

シーズンの全日程が終わったクロスカントリースキーで、小学生では今年は木島平の強さがきわ立った。各大会で入賞者を多く出し、各学年に必ず優勝できる選手がいた。中でも6年生は男子が部長の森龍希選手、女子は祢津利宝選手が両エースとなって、多くの大会で優勝した。木島平のチーム力を振り返る。(学年はすべて旧年度)

さらに見る

FIS/SAJ-B 全日本学生アルペンスプリング大会

フィッシャーカップクロスカントリースキーチャンピオンシップ池の平大会

1年生・郷津知哉選手(白馬)中学トップへ35秒差に詰める――小賀坂カップ池の平クロスカントリー3月30日

小賀坂スキーCUP第39回池の平クロスカントリーは3月30日、新潟県妙高市の赤倉観光リゾートクロスカントリーコースで行われた。種目はクラシカルで、中学男女は山ノ内がアベック優勝。全国中学チャンピオン笠原陸選手(3年)と宮崎日香里選手(3年)が制した。小学男女は森龍希選手(6年)と祢津利宝選手(6年)で木島平がアベック優勝した。成年男子と同一レースで行われた高校男子10キロは馬場直人選手(中野立志館2年)が制し、ソチ五輪代表の吉田圭伸選手(陸自冬戦教)、とレンティング陽選手(TEAM AKIRA)に次ぐ好タイム。トップ吉田選手に48秒9差に迫る走りをした。中学男子は全国中学、ジュニアオリンピックで存在感を上げている1年生の郷津知哉選手(白馬)がトップと35秒2差の5位だった。

さらに見る