カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

サッカーの全記事

女子・東海大三、男子とともに初優勝。インターハイ懸け北信越進出――長野県高校総体サッカー女子6月8日

平成26年度長野県高校総体サッカーは6月8日、最終日の決勝が行われ、男子、女子ともに東海大三が初優勝を果たした。女子は東海大三が前半7分、FW伊藤由葉選手(3年)からのパスを受けたボランチ宮嶋玲未選手(1年)が縦に抜け先制ゴール。27分には伊藤由葉選手が相手ディフェンスのボールを奪い、貴重な追加点となるゴールを挙げ、2-0で松商学園を破った。男子は東海大三が延長後半に勝ち越し点を挙げ、2-1で松商学園に勝利した。男子はインターハイ出場を決め、女子はインターハイを目指し、まず北信越進出を決めた。

[ここまで249字/記事全文1690字]

さらに見る

長野県高校総体サッカー

東海大三、大町北に初勝利。初の決勝進出――長野県高校総体サッカー女子6月2日

平成26年度長野県高校総体サッカー女子は6月2日、松本市サッカー場などで準決勝が行われた。東海大三は昨年まで3年連続チャンピオンの大町北(大町・大町北)を3-1で破り、初の決勝進出を果たした。開始2分、FW伊藤由葉選手(3年)が先制ゴール。12分にも伊藤由葉選手が追加点を挙げた。松商学園は塩尻志学館を8-0で下し、2年連続の決勝進出を決めた。

[ここまで172字/記事全文1997字]

さらに見る

大町・大町北、東海大三、塩尻志学館が1回戦突破――長野県高校総体サッカー女子5月31日

平成26年度長野県高校総体サッカーは5月31日、開幕した。女子は松本平広域公園サッカー場で1回戦3試合が行われた。大町・大町北-諏訪二葉は0-0で延長戦へ突入し、延長前半6分にMF佐伯理香子主将(3年)のゴールで先制点を挙げ、直後に1点を追加し2-0で勝利した。東海大三は辰野から前後半で4点ずつを奪うゴールラッシュで8-0。塩尻志学館は野沢南に8-0で快勝した。

[ここまで182字/記事全文2942字]

さらに見る

同好会・野沢南、熱い気持ちと情熱で挑む――5月31日から、長野県高校総体サッカー女子

平成26年度長野県高校総体サッカーは5月31日、開幕する。女子は7チームが出場し、同日、松本平広域公園サッカー場で1回戦が行われる。同好会として発足3年目、大会参加2年目の野沢南は塩尻志学館との初戦に臨む。発足から今日までU-15の経験者がゼロ。現部員14人はみな初心者で高校女子サッカーを始めたが、スキルを上げ、どこにも負けない情熱がある。初戦を突破し、優勝が目標だ。

[ここまで185字/記事全文2207字]

さらに見る

FCシュロス松本、AC信州大学、ホーム松本でともに勝ち点――北信越女子サッカーリーグ第5節5月25日

北信越女子サッカーリーグ第5節は5月25日、3試合が行われた。松本市あがた運動公園ではFCシュロス松本とAC信州大学がホームゲームを行い、シュロス松本は富山レディースを4-0で完封し、勝ち点を6とした。AC信州大学はグランセナ新潟を6-1で破り、今季リーグ初勝利を挙げた。

[ここまで136字/記事全文2880字]

さらに見る

シュロス松本ヴィーヴォ、3年連続県優勝――U-15全日本女子ユースサッカー選手権長野県大会4月29日

第19回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権長野県大会は4月29日、松本市県フットボールセンターで最終日の決勝トーナメントが行われた。準決勝はFCシュロス松本ヴィーヴォとトップストーンロゼッタ(上伊那・宮田村)が勝ち上がり、両者が決勝で対戦。前半19分のPKで先制したシュロス松本が後半も攻勢をかけ、終盤2点を追加し3-0で勝利した。シュロス松本は3年連続3回目の優勝で5月31日から行われる北信越大会への出場権を獲得した。トップストーンは初の準優勝だった。

[ここまで232字/記事全文2061字]

さらに見る

全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権長野県大会

FCシュロス松本、優勝目指す2年目スタート――4月20日北信越女子サッカーリーグ第2節

2014北信越女子サッカーリーグは4月20日、第2節が行われる。リーグは全7チームが参加。第1節に試合がなかったFCシュロス松本はここから登場し、新潟聖籠スポーツセンターでアルビレックス新潟レディースU-18と対戦する。プレ大会として行われた昨シーズンは勝ち点10の4位。優勝を目指す今年は世代交代が進みチームが若返った。中学・高校世代の活躍がより一層求められるシーズンとなる。

[ここまで189字/記事全文2253字]

さらに見る

秋インカレへ、信州大のスタート――4月13日から、北信越女子サッカーリーグ

2014北信越女子サッカーリーグは4月13日、開幕戦が行われる。信州大は今年初めてOGと、高校サッカー部未加入の高校生を加えた「AC信州大学」として臨む。卒業してサッカーを続けたい選手、これから大学サッカーを目指す選手の力を取り込み、秋のインカレ予選までリーグ戦と皇后杯全日本の予選を拡大チームの体制で走る。初戦は新潟聖籠スポーツセンターでアルビレックス新潟レディースU-18と対戦する。

[ここまで194字/記事全文1478字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社