カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

ソフトボール

長野県高校新人ソフトボール

北信女子ソフトボール大会

長野県レディースソフトボール大会

北信越中学総体ソフトボール

全日本ハイシニアソフトボール長野県大会

長野県中学総体ソフトボール

北信越高校総体ソフトボール(最終)

篠ノ井9人で獲得インターハイ。ライズ林華穂投手フライ12個。久保田彩加選手4回決勝打、長野商に1-0勝利――長野県高校総体ソフトボール6月5日3位決定戦・決勝

平成29年度長野県高校総体ソフトボールは6月5日、須坂市北部運動広場で女子の決勝と3位決定戦が行われた。決勝は昨秋の新人戦に次いで長野商と篠ノ井が対戦した。篠ノ井は1回表2死三塁のピンチを切り抜け、2回1死一塁で林華穂投手(3年)が長打を打たれたが味方の好守に助けられて先取点を与えなかった。4回、2番・宮﨑綾美主将(3年)、4番・小林真緒選手(3年)の内野安打攻勢で1死二、三塁の好機を築き、5番の久保田彩加選手(3年)が中前にはじき返して1点を先制した。林投手はライズ中心に気迫の投球で5回以降長野商打線をヒット1本に抑え、篠ノ井が1-0で勝利。2年連続のインターハイ進出を決めた。3位決定戦は下諏訪向陽が最終回に逆転し、市立長野に2-1で勝利した。

[ここまで327字/記事全文4710字]

さらに見る

全日本レディースソフトボール長野県大会

長野県高校総体ソフトボール

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社