カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

中学

北信越中学総体ソフトボール

長野県中学総体ソフトボール

池上桃花選手決勝フェンス越え2本塁打、3打数3安打5打点。伊那東部中、決勝全員安打3回コールド15-0――長野県中学生春季ソフトボール5月7日

第27回長野県中学生春季ソフトボール大会は5月7日、長野市若穂中央公園グラウンドで最終日が行われた。決勝は伊那東部中と若穂ソフトボールクラブが対戦。伊那東部は準決勝で秋の新人戦を制した篠ノ井西中にコールド勝ちで上がり、若穂クラブも長野選抜のメンバーを中心に少人数校の選手を束ねたTEAM NAGANOをコールドで下し決勝に上がってきた。初回、伊那東部は1死から四球で出た出澤優南選手(3年)が積極的な走塁で三盗を試み悪送球となる間に先制点を挙げた。2回はヒット4本を集中して4点を追加。3回、1死一塁で7番・池上桃花選手(2年)がライトへフェンスオーバーの2点本塁打を飛ばして2点を加えた。打者一巡ののち2死一、二塁、池上桃花選手の左打席のフルスイングでまたも打球は右中間フェンスを越えた。この回10点で15-0に開き、全員安打の計14安打、3回コールドサヨナラ勝利となった。3位決定戦は篠ノ井西が5-3で勝利した。

[ここまで408字/記事全文5272字]

さらに見る

長野県中学生春季ソフトボール大会

篠ノ井西、代表決定チャンス逃さず守りでリズム。2年ぶり北信越優勝、全中つなげた準決勝――北信越中学総体ソフトボール8月4日準決勝

北信越中学総体ソフトボールは2日目の8月4日、富山市で準々決勝と準決勝が行われ、長野県は篠ノ井西がここを勝ち抜き2年ぶりに上位2校の全国中学出場権をつかんだ。決戦の準決勝は内灘(石川)と対戦。4回に久保田美咲選手(3年)の中前打を足掛かりに盗塁、スクイズなどで1点を先制した。5回には長短3安打を集中。相手守備にミスも出て3点を追加した。終盤の相手反撃を1点でしのぎ4-1で勝利した。伊那東部は初日にコールドで大勝したが、2回戦は大徳(石川)に1-2で惜敗した。全中出場権を確保した篠ノ井西のこのあとは最終日の決勝で大徳に5回コールドの7-0で勝利。全中ではベスト4に進出した。

[ここまで289字/記事全文2334字]

さらに見る

長野県中学総体ソフトボール

全日本中学生女子ソフトボール長野県予選

篠ノ井西スクイズ2本、伊那東部に決勝2-0勝利。バッテリー内外野好連係、唐澤花霞選手ライトゴロ3個処理――長野県中学生春季ソフトボール5月8日

第26回長野県中学生春季ソフトボール大会は5月8日、上田市丸子総合グラウンドで最終日が行われた。決勝は秋の新人戦に続き伊那東部と篠ノ井西が対戦。篠ノ井西は2回に両角真心選手(2年)、3回に小林彩夏選手(3年)がスクイズを決めた。緑川璃子投手(3年)が立ち上がりの2死二、三塁のピンチをしのぎ2-0で勝利した。新人戦は県で伊那東部が1-0、北信越の決勝で篠ノ井西が1-0で雪辱。3度目の対戦もロースコアになったが篠ノ井西が守り勝った。若穂クラブと更埴西クラブがタイブレーカーを重ねた3位決定戦は7-7で決着がつかず、抽選で若穂クラブの3位が決まった。

[ここまで274字/記事全文3222字]

さらに見る

長野県中学生春季ソフトボール大会

更埴西クラブ5回一挙6点ベスト4へ。渡辺麻瑚選手満塁本塁打でコールド。篠ノ井東、秋北信越チャンピオン篠ノ井西に1-6。7回フルイニング健闘――長野県中学生春季ソフトボール5月7日

第26回長野県中学生春季ソフトボール大会は5月7日、上田市丸子総合グラウンドで初日の1、2回戦が行われ、ベスト4が決まった。更埴西クラブは3-0で迎えた5回裏、1番中澤遥選手(3年)のライトへのランニング本塁打で口火を切り、さらにランナーをためて満塁と攻め立て、6番渡辺麻瑚選手(3年)が左中間を破る満塁本塁打で一挙6点を挙げ9-0でサヨナラ勝ちした。篠ノ井東は昨年秋の北信越チャンピオンの篠ノ井西から初回に先制点を挙げた。すぐさま逆転されたが大量失点を防いで粘り、7回フルイニングを戦う健闘。1-6で敗れ、5~8位決定戦に回った。

[ここまで266字/記事全文3398字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社