長野体育ジャーナルからのお知らせ

2016.06.02当サイトの有料化につきまして
当サイトは月額購読料324円にて有料とさせていただきました。ユーザーのみなさまにはご理解をたまわりますよう、お願い申し上げますとともに、購読のお申し込みについてご案内申し上げます。詳しくはこちら

2016.06.02取材を受けられた方へ
掲載記事をご覧いただくには――詳しくはこちら

長野体育ジャーナルへようこそ

  • 購読お申し込み

カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付

セレクト記事

恵那と長野結ぶ日本一。遠藤二千翔選手(中津商高)1万メートル勝利。岐阜県初の少年日本一、5000メートルも3位。ホーム恵那11月下旬シーズンインまで地の利3時間。エムウェーブで10月初旬から毎週末合宿――ながの銀嶺国体スピードスケート

1月31日まで長野県で行われた第72回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で岐阜のスピードスケートが新たな一ページを開いた。少年男子長距離で中津商高2年の遠藤二千翔(にちか)選手が29日の1万メートル決勝で勝利し、少年として岐阜県初の優勝を果たした。責任先頭完了に終盤までかかったが最後は北海道・小野塚宏次郎選手(白樺学園高3年)との一騎打ちで競り勝った。最終日の5000メートルは離されかけたが粘ってトップ集団についてラスト勝負へ生き残り、長野・林莉輝選手(佐久長聖高3年)、北海道・佐藤柊選手(帯広南商高2年)に続き3位でゴールした。長野県は標高の高いリンクやナショナルトレーニングセンター(NTC)のエムウェーブ、帯広の道東勢にはNTCで夏から滑れる十勝オーバルの恵まれた環境があるのに対し、地元・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は11月終わりから2月中旬までの3カ月足らず。エムウェーブへ車で約3時間の地の利を生かし10月初旬のオープンから週末ごとに合宿を重ね、400メートルトラック日本最西端で最南端のホームとの環境の差を埋めてきた。父で少年男子監督の遠藤龍一郎・中津商監督、兄の龍輝選手(日本大1年、中津商出)、弟の壮選手(恵那西中3年)と親子4人が臨んだ国体で快挙達成となった。

[ここまで555字/記事全文4052字]

さらに見る


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

ソフトボールの全記事

決勝長野県対決。篠ノ井西、伊那東部に1-0。県大会リベンジ優勝――北信越中学校選抜ソフトボール11月8日

第26回北信越中学校選抜ソフトボール大会は11月8日、須坂市営野球場などで最終日の準決勝、決勝が行われた。長野は県1位の伊那東部と県2位の篠ノ井西が決勝に進出。準決勝で伊那東部が石川1位の内灘に4-1、篠ノ井西が福井2位の粟野に6-1で勝利し、決勝は長野県大会決勝の再現となった。先攻の篠ノ井西は2回、2死二塁で7番山岸菜摘選手(2年)の左前タイムリーで先制。3回以降は緑川璃子投手(2年)を中心に1点を守り抜き、優勝とともに県大会決勝のリベンジを果たした。

[ここまで229字/記事全文2446字]

さらに見る

伊那東部中3回一挙7点。準々決勝戸出中(富山)に9-1コールド勝ち。茅野ジュニア初戦0-1惜敗――北信越中学校選抜ソフトボール11月7日

第26回北信越中学校選抜ソフトボール大会は11月7日、須坂市県民須坂運動広場などで初日の1回戦と準々決勝が行われた。長野1位の伊那東部中は初戦の準々決勝で打線が爆発。2-1で迎えた3回、3番小松萌笑主将(2年)の二塁打から一挙7点をたたき出し、富山2位の戸出中に5回コールドの9-1で快勝した。県大会3位の茅野ジュニアソフトボールクラブは1回戦で福井2位の粟野中に0-1で惜敗。初回に失策が重なり1点を失い最後まで追いつくことができなかったが収穫はあり、今後への課題も見つかった。

[ここまで240字/記事全文2929字]

さらに見る

文化学園長野に北信越の壁。金沢の速球投手になすすべなく――北信越高校新人ソフトボール11月9日

平成26年度北信越高校新人ソフトボール最終日は11月9日、伊那市美すずスポーツ公園運動場などで行われた。女子準決勝は長野県で唯一初日を突破した文化学園長野が準決勝でインターハイベスト8で石川1位の金沢に挑戦したが、初回3者三振に倒れるなど相手先発に全く歯が立たず、わずか1安打に抑えられ、0-7の5回コールドで敗れた。決勝進出を目指した初出場の秋は、2回戦の1勝にとどまった。

[ここまで188字/記事全文1770字]

さらに見る

女子・文化学園長野、秋初出場の北信越で1勝。4回打者一巡7点。長野商タイブレーカー競り負け。男子・伊那弥生ヶ丘先手生かせず。飯山北・飯山は日本文理に健闘――北信越高校新人ソフトボール11月8日

平成26年度北信越高校新人ソフトボールは11月8日、初日の1、2回戦が行われた。女子は長野2位で秋初出場の文化学園長野が新潟1位の高田北城と2回戦で対戦。1点リードで迎えた4回に打者11人の猛攻で7点を挙げ、5回コールドの8-0で準決勝進出を決めた。2回戦、長野1位の長野商は石川2位の津幡とタイプレーカー9回にもつれ込んだが最後の攻撃が及ばず3-4で敗れた。男子は長野1位の伊那弥生ヶ丘と石川2位の星稜が1回戦で対戦した。弥生ヶ丘は初回に先制点を挙げたがすぐさま逆転された。2回に追いついたのも束の間、突き放すことができず、6回コールドの2-9で敗れた。長野2位の飯山北・飯山は新潟1位の日本文理に善戦。5回コールドで敗れたが、最終回に反撃し、2-9のスコアだった。

[ここまで334字/記事全文3673字]

さらに見る

男子飯山北・飯山、北信越で学び尽くす。初戦日本文理に胸借りる――11月8日から、北信越高校新人ソフトボール

平成26年度北信越高校新人ソフトボールは11月8日、伊那市で開幕する。男子は富士塚スポーツ公園運動場で行われ、長野県新人戦1位の伊那弥生ヶ丘と2位の飯山北・飯山が出場する。飯山北・飯山は初戦、新潟県1位で6月の北信越総体優勝の日本文理に挑戦する。2年生は男子ソフトボールで伊那弥生ヶ丘と双肩をなしてきた飯山北の名が残る最後の代。昨年夏まで3季連続全国に出場していたが、今年の全国選抜とインターハイは逃している。その後の県大会となる10月の新人戦は3回コールドの5-20で伊那弥生ヶ丘に大敗した。北信越の初戦に勝てる見込みは、今は立っていない。しかしめげることなく挑戦する。

[ここまで286字/記事全文2764字]

さらに見る

初出場・文化学園長野、目標決勝進出。県大会逆転負けの経験生かす――11月8日から北信越高校新人ソフトボール

平成26年度北信越高校新人ソフトボールは11月8日、伊那市で開幕する。伊那市美すずスポーツ公園運動場で行われる女子は、10月下旬の県大会優勝の長野商と2位の文化学園長野が出場する。学園長野は秋の北信越初出場。県の決勝では長野商に逆転負けで全国選抜を逃したが、切り替えて次のステージに挑む。課題だった守備。今度こそこの課題を克服し、決勝進出を目指す。

[ここまで174字/記事全文1953字]

さらに見る

長野商、逆転勝利で2年連続全国選抜出場。原裕里枝選手、走者一掃二塁打逆転――長野県高校新人ソフトボール10月27日

長野県高校新人ソフトボールは10月27日、伊那市富士塚スポーツ公園運動場で最終日の女子決勝と3位決定戦が行われた。決勝はともにタイブレークの準決勝を勝ち抜いてきた長野商と文化学園長野が対戦。初回に3点を挙げた学園長野のペースで試合が進んだが、5回に長野商が相手守備の乱れに乗じて反撃。1点返した無死満塁から4番原裕里枝選手(1年)の走者一掃の二塁打で逆転し、終盤の学園長野の反撃を1点に抑え、6-4で勝利した。長野商は2年連続8回目の優勝で、来年3月の全国高校選抜出場を決めた。11月8日、伊那市開催の北信越には両校が出場する。3位決定戦は県総体優勝の篠ノ井が2-0で市立長野に勝利した。

[ここまで294字/記事全文4081字]

さらに見る

飯田、清水監督采配4年目の南信初勝利。県初戦突破で長野商にアタック――10月25日から、長野県高校新人ソフトボール

平成26年度長野県高校新人ソフトボールは10月25日から3日間、伊那市富士塚スポーツ公園グラウンドなどで行われる。優勝校は来年3月の全国高校選抜、上位2校は11月に伊那市で行われる北信越新人の出場権を得る。昨年の総体以降、部員3人で活動してきた女子・飯田は今春1年生が大挙入部。昨年の新人戦は陸上部やバドミントン部の助っ人を借りて出場にこぎ着けたが、今回は部員でベンチを埋めて県大会に臨む。南信大会は6位。大半が未経験者のチームながら飯田風越との順位戦では清水浩一監督4年目の公式戦初勝利を挙げ、ムードは高まってきている。県大会は初戦、東信4位の小諸・上田千曲戦に勝利すると長野商と対戦できる絶好の組み合わせとなった。昨年春秋チャンピオンに挑戦するため、初戦突破のモチベーションは高い。

[ここまで343字/記事全文2077字]

さらに見る

長野県中学新人ソフトボール

茅野東部2-0で篠ノ井西に勝利、夏秋連続北信越進出。裾花は篠ノ井東に13-1――長野県中学新人ソフトボール準決勝10月18日

第34回長野県中学校ソフトボール新人決勝大会は10月18日、辰野町荒神山スポーツ公園野球場で初日の1回戦、準決勝が行われた。上位2校の北信越出場権を懸け東北信、中南信の代表8校が出場。北信越総体出場校同士の対戦となった茅野東部と篠ノ井西の準決勝は茅野東部が2回表、4番長沢美侑選手(2年)が中越え三塁打で出塁し、宮木奈緒選手(1年)のスクイズで先制。2‐0で夏に続く北信越を決めた。裾花と篠ノ井東の準決勝は裾花が5回に5点を挙げるなど13‐1で圧勝。両校は19日に長野県第1代表を懸け決勝を戦う。

[ここまで248字/記事全文2806字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフトマスキングテープ

    ロフトネットストア

  • ロフトPBコスメ

    ロフトネットストア

  • ロフトコスメフェスティバル

    ロフトネットストア


GoTo 日本女子 1部

大和電機工業ホープセクション2位懸けた最終戦Dream Citrineに屈す。レギュラーシーズン3位終了――日本女子ソフトボールリーグ2部第4節

 

日本女子ソフトボールリーグ第4節は9月24日まで岐阜県大垣市で2部2連戦の大垣大会が行われた。暫定3位で今節を迎えた大和電機工業は平林金属にまず勝利。7勝4敗同士でDream Citrineとの決戦に臨んだ。勝った方がホープセクション2位、入れ替え戦進出への望みがつながる最終戦は相手1点リードで終盤を迎えたが、6回に代打攻勢で決定的な3点を加えられ0-4で敗れた。

 


さらにみる