カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付


SSLとは?

  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

水泳

上田染谷丘2地区合同女子800メートルリレー実力2校に大差1ラップ遅れも完泳。小林萌笑選手(野沢北)東信女子バタフライ100メートル2着自己ベスト1分07秒61、200メートル勝利。矢沢美嶺選手(須坂)高校北信初優勝、女子自由形長距離2冠。長野工マッチレース800メートルリレー制し北信男子学校対抗勝利――東信・北信高校総体水泳6月18日

平成29年度高校総体地区大会水泳は6月18日、長野東高校プール(公認50m)で東信と北信がそれぞれ行われた。両地区を束ねて実施した女子800メートルリレーは中央レーンに上田染谷丘、その両側に佐久長聖と長野日大が並ぶスタートリスト。上田染谷丘は4人中2人がシーズン初の200メートルで、第3泳者550メートルのターンに到達する前に佐久長聖に抜かれるなど両校に後半1ラップ100メートル以上の大差をつけられたが上田東と最後まで競り合い4校中4着で泳ぎ切った。東信女子のバタフライは小林萌笑選手(野沢北1年)が屋外プールながら100メートルで1分07秒61の自己ベストをマークして2位。200メートルで勝利した。北信女子の自由形長距離は矢沢美嶺選手(須坂2年)が400・800メートルの両種目で地区2冠を達成した。須坂は5選手計8個優勝の大躍進。最終種目の北信男子800メートルリレーは長野日大と長野工が総合得点同点で迎える盛り上がりの中、先頭が何度も入れ替わるマッチレースを展開。長野工がアンカー石坂岳斗選手(3年)で逆転して北信男子学校対抗勝利を果たした。

[ここまで477字/記事全文5956字]

さらに見る

東海斗選手(飯田OIDE長姫)南信初優勝。男子400メートル自由形ラスト100勝負競り勝つ。林志龍選手(赤穂)南信男子100メートルバタフライ「いけて3位?まさかの2位」――南信・中信高校総体水泳6月17日

平成29年度高校総体地区大会水泳は6月17日、すわっこランド屋外プールで南信と中信の両地区大会が行われた。南信男子400メートル自由形は東海斗選手(飯田OIDE長姫2年)が4分37秒36で地区大会初優勝。その前の200メートル自由形も2位だった。南信の男子バタフライ2種目は林志龍選手(赤穂1年)が「あわよくば3位」の狙いを両種目で達成。100メートルは1分00秒62で2位に食い込んだ。

[ここまで194字/記事全文2949字]

さらに見る

長野県高校新人水泳

北信越高校総体水泳

北信越中学総体水泳

長野県中学総体水泳

長野県高校総体水泳

地区中学総体水泳(中信・南信)

地区中学総体水泳(東信・北信)

地区高校総体水泳(東信・北信)

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社