カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

2014年9月23日(最終更新日2014年09月23日):

サッカー
サッカーの全記事 女子

FCシュロス松本3位、AC信州大学5位。シュロスが最終戦飾る――北信越女子サッカーリーグ最終節9月23日

北信越女子サッカーリーグ最終節の第7節は9月23日、3試合が行われた。信州大学グラウンドではホームAC信州大学とアウェーFCシュロス松本が対戦。前半をともに1ゴールずつで折り返し、後半にシュロス松本がCKからMF松本美保選手が頭で勝ち越し点を挙げ、2-1でシュロスが最終戦を飾った。最終結果はシュロス松本が4勝2敗の勝ち点12で3位、AC信州大学は1勝4敗1分の勝ち点4で5位だった。 (リザルト)

 

第4節から負けなし4連勝――シュロス松本

 

 

最終戦、地元同士の対戦は前半シュロス松本がFKからMF松本美保選手の先制ゴールで先手をとり、AC信州大学がMF久保奏美選手のミドルシュートで追いつき前半を終えた。後半残り少なくなって、シュロスはFW伊藤花選手のCKを松本美保選手が頭で合わせ、これが決勝ゴールとなった。最終節は中1日の連戦。松本美保選手は「勝ちで終われたのは良かったのかな、と思います。2日前にも新潟で試合があったんですけど、内容がなかなかうまくいかない中で、どれだけできるか分からなかった」と話す。上位の目がなくなった中での最終戦。種山勝也監督は「モチベーションをつくるのは監督としても選手としても難しかったが、(相手が)信州大学で気合が入った。来年以降はここを優勝が懸かる試合にしないといけない」と語った。

 

シュロス松本は勝ち越しゴールを挙げた松本美保選手(右)をFW原田優選手が祝福

 

今季を振り返り、カテゴリーの入り組んだチームとリーグ戦、カップ戦を戦い、各カテゴリーを育てていく中で、トップチームの完成度を高めていく部分で課題があったという。種山監督は「トップチームはU-15から社会人までいる。U-15が全国大会に行ったこともあり、そこでトップチームにしわ寄せが行った。トップチームとして完成せずに終わった」と、まずはうまく行かなかった点から総括した。しかし「そんな中で、きょうみたいに内容が良くないチームでも勝ち切る力がついた」という手応えもあった。4月、初戦第2節にアルビレックス新潟レディースU-18、第3節に新潟医療福祉大の上位グループと対戦し、2連敗からのスタートだった。「チームが成熟してこない中で、強豪と戦わなければいけないのは厳しく、ディフェンスで苦労してきた」(同)。しかし第4節からは4連勝。昨年の4位から一歩前進の3位まで浮上した。

 

このあとはトップチームを棚上げに、若手中心で10月に行われるU-18の全日本女子ユース選手権北信越予選に全力を挙げる。「そこで全国大会に行ければ(シーズンが)続く。結果を残すことがクラブとしての課題でもあり、目標です」と種山監督。松本美保選手は「シーズン当初から比べて(若手が)伸びてきたのはすごく感じています。せっかく伸びてきているので、ここでシーズンを終わってしまうのはもったいない。若い子はU-18選手権があるので、頑張ってほしい」と、期待を持ってこの続きを見守る。

 

AC信州大学はインカレ予選へ切り替え

 

AC信州大学は10月にインカレ北信越予選を迎える。リーグ終盤はすでにインカレシフト。春はOG、高校生に拡大したAC信州大学としてシーズンをスタートしたが、9月の2節は大学生主体で臨んだ。「(OGが抜けても)そんなに落ちた感覚はない。シーズンを通じて力はついた。ただ、試合で表現し切れていない部分が多々あった」と大坪梓監督。

 

前節で富山レディースと引き分け。リーグ戦の不本意な終わり方から、インカレ予選へどうつなげていくかが課題だ。北信越から代表は2枠。実力的に抜け出している新潟医療福祉大と同じ山で当たる。ここで勝てない場合、第2代表決定戦が最後で最大のヤマ場となる。

 

終盤、AC信州大学CKからゴール前の攻防。頭で競る信州大FW井戸明日香選手(10)

 

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社