カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

スケート・アイスホッケー

いわてスケート国体(全種目決勝と長野県関係)

長野県ジュニアスピードスケート(中南信)

全国高校スケート

長野県ジュニアスピードスケート(東北信)

全信州スピードスケート選手権

長野県スプリントスピードスケート選手権

高橋侑花選手(中込)1年生2冠。女子3000メートル自己ベスト4分30秒53。宮川鈴佳選手(長野北部)女子1000メートル勝利――長野県中学総体スケート1月6日

第54回長野県中学総体スケートは1月6日、長野市のエムウェーブで最終日が行われた。女子3000メートルは高橋侑花選手(中込1年)が4分30秒53の自己ベストで快勝。前日の1500メートルと合わせ中長距離2冠を達成した。女子1000メートルは宮川鈴佳選手(長野北部1年)が1分25秒05で勝利した。

[ここまで148字/記事全文2568字]

さらに見る

長野県中学総体スケート

高橋侑花選手(中込)女子1500メートルベスト大幅更新快勝。倉坪克拓選手(岡谷西部)男子500メートル2回合計大会新。中山周選手(長野北部)男子1500メートル初優勝。――長野県中学総体スケート1月5日

第54回長野県中学総体スケートは1月5日、長野市のエムウェーブで初日が行われた。女子1500メートルは高橋侑花選手(中込1年)が初優勝。ベスト大幅更新の2分08秒59で快勝した。男子500メートルは倉坪克拓選手(岡谷西部2年)が2回合計1分18秒37の大会新で昨年全国中学8位の菊池岳仁選手(原3年)に次ぐ2位だった。男子1500メートルは中山周選手(長野北部3年)が2分01秒56で制した。

[ここまで196字/記事全文2936字]

さらに見る

「チーム大北」1年生3選手県中初挑戦。全中目指す北安松川・北澤航平選手、丸山和真選手。仁科台・一本木弘輝選手――1月5日から長野県中学総体スピードスケート

第54回長野県中学総体スピードスケートは1月5日から2日間、長野市のエムウェーブで行われる。県のトップは目指せなくても、地元に400メートルリンクがない中で活動を続け全国中学を目指す選手がいる。1年生の北澤航平選手と丸山和真選手(ともに北安松川)は松川村スケートクラブに所属し、北澤選手は1000と1500メートル、丸山選手は500と1500メートルで挑戦する。冬季は同クラブで練習する大町市スケート少年団の一本木弘輝選手(仁科台1年)も初めて県中のリンクに立つ。北安曇のスケートどころ。かつて地元の校庭に張られたリンクもなくなり、場所を変えて練習を行っていた浅間のリンクも2011年の冬限りでなくなった。現在氷上練習はエムウェーブか岡谷やまびこに行くしかないが、指導者の熱意の下、全中を目指して練習を重ねてきた。

[ここまで357字/記事全文4080字]

さらに見る

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社