カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

2015年9月14日(最終更新日2015年09月14日):

空手道

浅川野乃香選手(仁科台)中学女子2年形、北澤夏周選手(赤穂)中学1年男子形学年別5連覇。はまなす杯全国中学生、北信越小中学生代表決定――長野県ジュニア空手道選手権9月13日

第16回長野県ジュニア空手道選手権大会は9月13日、松本市波田体育館で行われた。全国中学生選抜出場を懸けた中学生は、中学女子2年形の浅川野乃香選手(仁科台、剛誠館)と中学1年男子形の北澤夏周選手(赤穂、駒ヶ根市空手スポーツ少年団)が学年別で5連覇を達成。中学2年男子形の佐々木鴻介選手(豊科南、松涛会)が4連覇、中学2年女子組手の坂田月姫選手(三陽、志誠館)は2連覇だった。各種目の上位3選手(中学2年男子は2選手)が10月に上越市で行われる北信越小中学生選手権、中学生の各種目上位3選手は来年3月に北海道で行われるはまなす杯全国中学生選抜大会に出場する。 (リザルト)

 

優勝選手の声

 

中学2年男子組手 畔上宙選手(小布施)

同じ道場でやりにくかったんですけど、気持ちで勝ちました。いつも下がってポイントを取っているけど、きょうは攻めて取ったのが良かったと思います。(昨年形で全国選抜出場。組手では初)毎日努力してメダルを取れるように頑張りたい。課題は蹴りが少ないので、蹴りを使えるように頑張りたいです

 

左から山内廉(墨坂)、畔上、野澤辰輝(茅野北部)の上位3選手

 

中学1年男子組手 深澤尚仁選手(東北)

去年も負けてしまったことがあったから、リベンジする気持ちでやりました。下がっているばかりだと追い詰められてしまうので、できるだけ攻めて攻撃しました。(全国選抜は)初めてなので緊張するかもしれないけど、強気で頑張りたい。練習をひとつひとつしっかりやって大会に備えたいです

 

左から大野翔聖(堀金)、深澤、横沢京(北安松川)の上位3選手

 

中学2年男子形 佐々木鴻介選手(豊科南)

練習の中で先生方の言ってくれたことをしっかり意識して試合に臨みました。相手も結構上手な子だった。ウンスという自分の得意形は跳んだりリスクの高い形だったので、ミスをしないようにしました。決勝ではしっかりいい形が打てたので良かったけど、1回戦は力が入っていい形ができなかった。(全国選抜は)去年は負けてしまったので、悔しさをばねにベスト8以上を目指して頑張りたいです

 

中学1年女子組手 山越星選手(明科)

決勝はいつもなかなか勝てない相手だったので、いろいろ作戦を練って試合に臨みました。相手の技を冷静に受けて反撃したり、自分から進んで技を出すことができた。中学生になって初めて全国大会に出るので、もっと自分のいい技を生かして練習していきたい。小学生のときが(全国大会の最高で)3回戦負けだったので、それより多く勝てるようにしたいです

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社