カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

2016年5月22日(最終更新日2016年05月22日):

空手道

颯志会、4年生忠地瞳真選手、三澤潤也選手、菊田琉稀選手組手昨秋ワンツースリー。形ひとすじ奥原怜音選手――5月22日、長野県小学生空手道選手権

第14回長野県小学生空手道選手権大会は5月22日、駒ケ根市武道館で行われる。8月の全日本少年少女大会(東京武道館)を目指し、県代表がここで決まる。道場を開いて8年目の颯志会(松本市)は上條めぐみ代表、三原克哉指導員、松田幸志郎指導員のもと、選手たちが力をつけてきた。昨年秋の県ジュニア空手道選手権は3年生だった忠地瞳真選手(岡田)三澤潤也選手(岡田)菊田琉稀選手(二子)が組手でワンツースリー。2年生だった奥原怜音選手(筑摩)が形で県優勝、北信越でも3位になっている。

 

 

創立8年目、上條めぐみ代表、三原克哉指導員、松田幸志郎指導員のもと実力つける

 

颯志会は道場生が増えてきた。創立8年目でまだ規模は小さい方だが、上條めぐみ代表、三原克哉指導員、松田幸志郎指導員の3人でみる体制が整っている。上條代表は名門・紀心会で学び、田川高時代には形、組手とも全国に出場し、形で国体7位が最高。日体大を経て地元に戻り、1年間創造学園高で指導をしたのちに道場を開いた。松田指導員は近畿大で全日本大学選手権団体組手優勝。「みんなオールマイティーで形も組手もみることができます。3人で共通理解をしながら指導をしています」と上條代表。チームとしてのまとまりも出てきている。「仲間の間でお互い試合中は応援し合ったり、練習中は声を掛け合いながら頑張っています。勝てている子には『仲間がいて勝てているんだよ』ということをよく言っています」

 

上の子たちがしっかり取り組むことで下の子たちもついてくる。幼児クラスの子はまずは体づくりから始め、小学校に上がって本格的に空手に取り組むようになる。颯志会の名は「いろいろ調べたんですけど、風に立ち向かうという字ですから、そういう強さを求めてその名にしました。大きい団体と比べるとまだまだおびやかすまではいきませんが、自分自身もいろいろな講習会に行ったり、道場単位で他県に遠征に行き、いろいろな選手の動きを見てきます」と上條代表。冬場には静岡県へ遠征してきた。「ここへきて後輩が帰ってきて指導者が3人になって、これからですね。レベルが上がっていける可能性があります」(同)

 

今年、颯志会は6、7人が全国を目指してやってきた。昨年は組手の三澤潤也選手(岡田)、忠地瞳真選手(岡田)選手、形の奥原怜音選手(筑摩)などが全少に出場した。道場として全国ベスト8にはまだ上がっていない。上條代表は「そこを狙いたいですね。5位で名前が残り、全国からみんなそこを目指しています。長野県の中にも全少入賞の子がいるから、そういう子たちに刺激されながら行くことができれば」と言い、まずは県を勝ち抜くことが一歩となる。「怜音くんと忠地くん、三澤くんの3人は必ず県3位に入ってきます。菊田くん(菊田琉稀選手=二子)は体が大きくて頑張っています」(同)。忠地選手は形、組手とも実力がある。県大会前はみんなで声を出し合い、お互い刺激し合いながら気持ちを高めてきた。

 

忠地選手は身体能力が高く、指導で言われたことを修正していくことがよくできる。組手は上段突きの連続技のスピードが持ち味で、形は突きの決めが良い。自分から進んで難しい形にチャレンジし、ジオンに取り組んできた。三澤選手は上段の回し蹴りがうまく、3ポイントの大技で逆転できるところが強み。身体能力が高くスピードもある。物静かでうちに秘めた闘志がある。菊田選手は体の大きさを生かして上段の回し蹴りで勝ってきた。「独特のタイミングがあって、相手のタイミングをずらした蹴りがあります。下がらずひたすら前に出て声も大きい」と上條代表。奥原選手は組手の練習のときもずっと形に取り組み、自分の体にしみこませるまで練習している。これまではジオンだったがカンクウ大に変えた。「カンクウ大は手刀受けがたくさん出てきます。練習中に何回も同じところでスピードを入れて繰り返し繰り返しやっています。ちょっと力みすぎてスピードがなくなるタイプなので、常にスピードを持てるように言っています」(同)

 

忠地選手

 

奥原選手

 

昨年組手で全少の3回戦に進出した忠地選手は「左突きの上段と中段蹴りが得意です。去年、全少は良い成績が出せて良かったと思います。県小で1位がとれる試合がしたいです」。菊田選手は「弱気にならずに勝てる気持ちで行きたいです。突きでポイントを取れるように攻めたいです」。颯志会は女子も小澤未來選手(並柳3年)が頑張っている。「負けずぎらいなので、むきになって前に行く感じです。男の子にやられても泣いて頑張る」と上條代表。全国ベスト8へ、颯志会がもっと通用するために、形ではスピードと決めとキレ。組手では足技をからめた攻撃が課題になる。「回し蹴りはポイントが高い分、片足で蹴るのでリスクが高く、技を出す勇気と決められる能力ですね」(同)。練習でしてきたことを本番でも出す。大会は平常心で集中して臨む。

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社