カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

2014年3月29日(最終更新日2014年03月29日):

レスリング

個人対抗戦、長野県は5選手2回戦突破――全国高校選抜レスリング3月28日

全国高校選抜レスリングは3月28日、新潟市総合体育館で2日目の競技が行われた。長野県2校が初日に敗退した学校対抗戦は、決勝で霞ケ浦(茨城)が館林(群馬)に4-3で競り勝ち、2年連続20度目の選抜チャンピオンとなった。個人対抗戦は2回戦まで行われ、長野県の6選手のうち、5選手が3回戦進出を決めた。60㎏級の山﨑幹太郎選手(小諸2年)は1回戦を42秒テクニカルフォールで勝ち上がると、2回戦で松山将基選手(熊本・玉名工2年)と対戦。1ピリオド2分24秒、エビ固めでフォール勝ちした。北信越選抜優勝の84㎏級森泉卓也選手(北佐久農2年)は2回戦から登場し、眞柴翔平選手(大阪・興国2年)を判定9-1で下した。 (リザルト)

 

エビ固め。4点ビハインドからの逆転フォール――60㎏級山﨑幹太郎選手(小諸2年)

 

 

山﨑選手は1、2回戦をTフォール、フォールでまずは順調に勝ち上がった。2回戦は1ピリオド2分24秒、バックを取って相手を追い込みながらフォール体勢へ。そのエビ固めはまさに山﨑選手の必殺技。初戦敗退に終わった27日の学校対抗戦後、会場に残って全国のマットの感触を体に染み込ませながら、イメージをつくってきた。「きのうよりは練習通りに動けていたので、(全国選抜の)雰囲気には慣れてきたと思う。練習してきた技でフォールすることができたので、良かったと思います」

 

この日も先取点は奪われた。先に仕掛けたのは山﨑選手だったが、そこでポイントを奪えなかった。「自分からタックルに入ったんですけれど、うまく相手に切られてしまった」。そのまま4ポイント連続の失点で、一時は焦った。しかしやられる気は全くなかった。持ち前のスタミナを生かし、取り返せると信じた。4点ビハインドの1分43秒から反撃開始。応援席から“幹太郎、行け行け!”の声。それに押され、一気の攻勢に出た。「落ち着いて行けば取れる、という試合だった。(いつもと)変わりなくプレーできた」

 

フォールの態勢に入る山﨑選手(青)

 

5歳でレスリングを始め、小3で全国優勝を経験した。当時通っていたレスリング教室の指導が小学生までだったこともあり、浅間中ではバレーボール部に所属。2年の半ばまで長野で過ごしていたが、レスリングのできる環境を求め、残りの1年半は単身東京に移り、クラブチームで寮生活を送った。東京・東深沢中3年、全国中学47㎏級で5位入賞を果たした。もともと高校は長野県内にすると決めており、2度の世界選手権出場と新日本プロレス・闘魂クラブを経て、長野県教員となった森角裕介監督の指導を求めて小諸に進んだ。

 

今選抜はあと2つ、ベスト4を目指す。「相手に先制される場面がある。自分が先にリードして、気持ちに余裕を持って試合をできたらと思います」。前日よりも内容はずっと良くなっているが、まだ課題はある。ここから上は先手で優位を目指し、さらに内容を良くして目標に突き進む。

 

1ピリオド2分32秒、タックルから活路。目標の相手と対戦決める――84㎏級森泉卓也選手(北佐久農2年)

 

 

11月の北信越選抜チャンピオンでシードの2回戦から登場した森泉選手は、判定9-1で眞柴翔平選手(大阪・興国2年)に勝利した。試合開始2分までは両選手にポイントが入らず、お互いが出方を探り合っていた。攻めに行きたい気持ちは十分あった。しかし森泉選手は「下手に行くと技を掛けられてしまいそうで、慎重になってしまった」。それでも大池毅監督の言葉を思い出した。「相手がタックルで来ると先生に言われていたので、構えを低くした」。2分32秒、タックルからバックを取って3ポイント奪い、1ピリオドを3-0のリードで折り返した。2ピリオドも森泉選手の流れで始まった。序盤、タックルが決まってまたポイントを重ねると、ガッツレンチで回して7-0へと差を広げた。失点は1ポイントにとどまった。中盤タックルで場外に出されたものだが、それ以上の反撃は許さなかった。

 

バックを取ってポイントを重ねる森泉選手(青)

 

北信越大会後は自分のスタイルを確立させた。「相手に合わせてしまうとこがあるので、自分から攻めるという部分を練習してきました」。現在部員1名のため、普段は小諸高と練習。小諸の森角監督と一緒に組んで練習することもあるという。3月上旬の群馬遠征では同じ階級で選抜出場の勅使川原延明選手(前橋西2年)とも対戦するなど、実戦を増やしてきた。これまでの練習や試合経験を生かすことができ、試合後は笑顔もこぼれた。「勝ってよかった。自分で攻められたのでよかったです」

 

大池監督は「次の相手が国体ベスト4で全中チャンピオンの選手。まず何とか(2回戦を)勝って、その選手とやりたいなと思っていました。あっぷあっぷしながらも頑張れた。我慢しながらできました」。29日の3回戦で待ち受けるのは、山﨑弥十朗選手(埼玉・埼玉栄1年)。森泉選手の1年上の塩川貫太選手(3年)が昨秋の国体で準優勝した際、準決勝で勝利した相手だ。手ごわい相手になるが、ここを突破してベスト8に入ることが全国選抜の目標。「自分も先輩が勝った選手に勝ちたいと思います」。中込中までは柔道部に所属していた。北信越を制したとはいえ、レスリングで森泉選手が全国的に名を知られるにはインパクトのある勝ちが必要だ。全国トップクラスを相手に番狂わせを狙い、先輩が注目度を上げたような好成績を目指す。

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社