カテゴリー

記事検索

カテゴリーを選択
キーワード
日付
  • オリンパスOM-D

  • 婦人画報のおとりよせ(上横バナー)

    婦人画報のおかいもの

2014年9月6日(最終更新日2014年09月06日):

水泳
水泳の全記事 競泳

女子50メートル背泳ぎ・北原瑛里香選手(伊那西1年)優勝。自己ベスト30秒89――長野県高校新人水泳9月6日

平成26年度長野県高校新人水泳は9月6日、上田市自然運動公園プールで初日の決勝22種目などが行われた。女子50メートル背泳ぎは北原瑛里香選手(伊那西1年)が30秒89の自己ベストで優勝。50メートルバタフライでは3位入賞を果たした。昨年女子100、200メートル自由形で全国中学に出場した岩原純子選手(松本県ヶ丘1年)は、メーンと異なる種目でチャレンジ。50メートルバタフライと400メートル個人メドレーで2冠を達成した。 (リザルト)

 

北原瑛里香選手(伊那西1年)バサロ決まった。ドルフィンまずまず――女子50メートル背泳ぎ、バタフライ

 

 

バタフライがメーンの北原選手は新人戦で背泳ぎにチャレンジした。予選トップの31秒17で勝ち上がると、決勝はさらに0秒28短縮の30秒89をマーク。「最初のバサロで1番になって、あとは隣に絶対負けないように泳ぎました」。スタートで成功し、2位に0秒71差をつけてタッチした。狙っていた30秒45の大会新記録には及ばなかったが、「ベストは出たのでうれしかったです」

 

50メートル背泳ぎ後半、北原選手がリード

 

背泳ぎの表彰式からわずか20分あまり。メーンの50メートルバタフライは1年生対決となった。4レーンに北原選手が入り、左隣の5レーンに寺平結選手(松商学園1年)、その向こう6レーンに岩原純子選手(松本県ヶ丘1年)、そのまた向こう7レーンに伊藤真琴選手(下伊那農1年)の並びになった。譲れない種目だったが、ベストに及ばない29秒90にとどまり、岩原選手、伊藤選手に敗れる3位。最初のドルフィンキックは良かったが、背泳ぎで疲れていて体力がなかったという。「バタフライで1位になりたかった。練習を頑張って、28秒台を出せるようにしていきたい。もっとタイムを上げて全国でも通用する選手になりたいです」。この種目での悔しさはあったが、表彰式では笑顔を見せた。

 

北原選手は表彰式で笑顔

 

西箕輪中3年の昨年、県中総体2週間前に右脚を負傷したが「最後だからどうしても出たい」と、強行出場した。しかし全中には及ばなかった。「中学はぜんぜんだめで、県で決勝に残るくらいでした」。それでも高校1年目は100メートルバタフライ、50メートル自由形で北信越出場の快進撃。完治し切っていない中で結果を出してきた。北信越では100メートルバタフライ優勝の中野未夢選手(新潟・長岡大手2年)から刺激を受けたという。のち8月下旬、パンパシフィック選手権200メートルバタフライで4位入賞。「(中野選手は)背は高くないのですが、体幹や筋肉があって見習いたいと思いました」。北原選手自身は結果こそ振るわなかったが、多くのことを収穫した北信越だった。

 

来年は自分の番。「最低でもインターハイに出場したい」。どの種目で狙って行くかはまだ決めていないが、目標ありきで挑戦していく。「同じ1年で活躍している人がいる。もっと練習をハードにこなしたいと思いました。体幹を強化して、けがしていたときにキックがあまりできなかったので、キックも強化していきたいです」。全国への飛躍のため、練習は一歩一歩の取り組みとなる。

 

自由形岩原純子選手(松本県ヶ丘1年)、400メートル個人メドレーと50メートルバタフライで2冠

 

 

 

自由形がメーンの岩原選手は、異種目の400メートル個人メドレーと50メートルバタフライで2冠を達成した。3人の出場だった400メートル個人メドレーは序盤から大きく差をつけ、5分14秒78でフィニッシュ。ワンツースリーフォーが1年生だった50メートルバタフライは29秒46で制した。「(バタフライは)30秒切れれば良いかなと思っていました。タイムが出て良かった。前半出ると思っていなかったのでうれしかったです」

 

50メートルバタフライの岩原選手。好タイム29秒46

 

鎌田中3年の昨年、100、200メートル自由形で全国中学に出場した。高校1年目の今夏も2種目で北信越総体まで進み、100メートルは決勝に進出。リレーではインターハイに出場した。しかし、メーン種目の手応えはいまひとつだったという。「自由形の調子があまり良くなくて、そればかり出ていても煮詰まる。(多種目への取り組みから)自由形にもっと積極的に取り組めるようにしたいと思った」。新人戦は今後につなげるための挑戦でもあった。

 

来年は個人種目でインターハイを狙う。「掻きを意識していなくて、(肩を)回すことに一生懸命になっている。ひと掻きひと掻きで進む泳ぎをしていきたいです」。さらなるステージを目指し、秋冬シーズンの練習に取り組んで行く。

 

  • エプソンダイレクト

    エプソンダイレクト株式会社